2019年10月12日(土)放送浦和

4位 100年越えの老舗

宿場町のメインストリート、旧中山道沿いには、明治時代に創業した歴史ある名店が今も構えている。

【内木酒造】
創業は江戸中期。さいたま市最古の酒蔵。埼玉の酒米と荒川水系の地下水で仕込む地酒は今も浦和の人々の自慢。
住所: 埼玉県さいたま市桜区西堀6-13-15
TEL: 048-862-5734

【酒井甚四郎商店】
明治元年創業。旧中山道に構える奈良漬の名店。かつては宮内省にも納めていた。奈良漬けは、一年半以上かけて熟成。濃さや風味の異なる酒粕に4回以上漬けかえながら水分を抜きシャキとした歯ごたえと芳醇で上品な奈良漬に仕上げる。老舗の人気新商品は酒粕に漬けたクリームチーズに奈良漬を混ぜ込んだ「チーな」なる品。様々な食べ物との組み合わせは無限大。
住所: 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-4-23
TEL: 048-822-2110

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索