2019年11月2日(土)放送信州 松本

9位 あめ

松本は、乾燥した気候が飴作りに適していたことから、明治時代日本一の飴の生産地だったと言われる。そのため、江戸時代創業の飴屋さんが今も残る。

【飯田屋飴店】
寛政8年創業。名物の「まめ板」は松本の代表的な飴菓子で、パリっとした食感が魅力。また、飴を細工しウエハースのようにした「あめせんべい」は羽衣のような口どけ。
住所: 松本市大手2-4-2
TEL: 0263-32-1983

【山屋御飴所】
寛文12年創業。名物の「板あめ」は安曇野産のお米で作った飴に、落花生を混ぜ、極限まで薄く伸ばして作られ、飴とは思えぬ軽やかな食感に仕上がる。
住所: 松本市大手2-1-5
TEL: 0263-32-4848

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索