2020年10月24日(土)放送新馬場

7位 港町の名残り

江戸時代、海が間近に迫っていたこの街には、潮風による塩害から街を守るための「辻違い」とよばれるジグザグとした路地や、かつて漁師の船が停留していた船溜りなどが今も残る。江戸から昭和にかけ、品川沖では海苔漁が盛んに行われ、現在も、2軒の海苔店がその伝統を伝える。

【藤森海苔店】
創業から102年。散策土産のおすすめは、かつて、海苔漁師だけが密かに楽しんでいたという「青混ぜ海苔」。希少な逸品です。
住所: 東京都品川区南品川2-9-3
TEL: 03-3471-7851

【品川屋海苔店】
創業から108年。ここの江戸前海苔は、多くの食通に愛される四谷・荒木町の名店「寿司金」で長年愛用されている。密度が濃いのに口どけも秀逸です。
住所: 東京都品川区北品川2-26-19
TEL: 03-3471-4649

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索