ニュース・更新情報

けだまのゴンじろーけだまのゴンじろー

エピソードエピソード

次回予告

第34話『今日は何の日?勤労毛ん謝の日!』『何でも流すジョ~!ベン毛ブラザーズゴンじろー!』

『今日は何の日?勤労毛ん謝の日!』
今日は勤労感謝の日!いつも家族のために働いてくれているお父さんをはじめ、この日すれ違った人たちみんなに感謝をしめそうとするマコトとゴンじろー。さまざまなボタンの力を使って、たわしあごやぴかっちょにタイゾー、しまいにはニャぶき町の野良猫にまで感謝をしていく2人。しかしマコトが本当に感謝を伝えたい人は別にいて…。


『何でも流すジョ~!ベン毛ブラザーズゴンじろー!』
マコトたちが毛陵小のトイレ掃除をしていると、げんだいのボタン『ベン毛ブラザーズ』を発見!ボタチェンして洋式ベンキの姿になったゴンじろー。体についたレバーを引くと、散らかったゴミをはじめ、ジョ〜っとなんでも水で流せるように。ウワサは瞬く間に広がり、人々の流してほしいものをなんでも水に流してあげるゴンじろーだったが…。

これまでのお話
1  2  3  4 

第33話『たい毛つ!AIスピーカーvs毛Iスピーカー!』『毛マージェンシー再び!新たなるレジェンドボタン!』

『たい毛つ!AIスピーカーvs毛Iスピーカー!』
たっつんに『ダッフル社』の最新AIスピーカーを自慢され、泣いて欲しがるマコト。見かねたゴンじろーはAIスピーカーならぬ『毛I(けーあい)スピーカー』に変毛する。そんな中ダッフル社のCEO・ハワード政吉が来日!新製品のAIスピーカーとヤカンが一体化した巨大なAIヤーカンスピーカーを見せてもらうマコトたち。しかし突然、ヤーカンスピーカーが謎の暴走モードに突入して・・・?!


『毛マージェンシー再び!新たなるレジェンドボタン!』
ヤーカンスピーカーが暴走した原因は悪い毛によるものであることを知ったマコトたち。悪い毛に支配され暴れ続けるヤーカンスピーカーを止めるため、ボタチェンしビリビリゴンじろーで挑むが、電気のパワーが足りない!ビリビリボタンをレジェンドボタンに進化させようと奮闘するマコトたちだが…。

第32話『華麗に救え!チ毛ンカレーゴンじろー!』『頂上毛っ戦!マジックvsマジッ毛!』

『華麗に救え!チ毛ンカレーゴンじろー!』
ふとっしーに連れられ、おんぼろカレーハウス『華麗田軒』に入ったマコトとゴンじろー。インドでカレーとヨガの修行をしてきたマスター・華麗田が振る舞うチキンカレーの味は…超激マズ!落ち込む華麗田を見かねたゴンじろーは、チ毛ンカレーゴンじろーにボタンチェンジ!美味しいカレー作りの特訓がはじまった!!


『頂上毛っ戦!マジックvsマジッ毛!』
世界中にその名を輝かせている、カツラのマジシャンMr.ヅラー!そんな超有名スターが闘志と頭皮をムキだしにし、ゴンじろーにマジック勝負を挑んできた!毛っ戦の舞台はテレビ番組の生放送。賞金100万円をかけて、ヅラーとたわしあごVSゴンじろーとマコトのコンビがハゲしくぶつかり合う!

第31話『おば毛がいっぱい!?学校の七不思毛!』『小っちゃくなるぞ!ギュウギュウボタン!!』

『おば毛がいっぱい!?学校の七不思毛!』
毛陵小に伝わる恐怖の七不思議を確かめるため、放課後の校舎で心霊ツアーをするマコトたち!薄暗い理科室をさまよう人体模型…誰もいないはずのトイレにひそむ花子さん…ひとりでに動き出す呪いのピアノ…様々な恐怖がマコトたちを待ち受ける!?七不思議の秘密とははたして…?


『小っちゃくなるぞ!ギュウギュウボタン!!』
こだいのボタン『ギュウギュウ』の能力で、ギュギュっと小さい体になったゴンじろー。しかし、踏んづけられたり虫と間違えられたり、掃除機に吸われたりと、いつもの部屋は超デンジャラス地帯に!元の大きさに戻る方法が分からないゴンじろーは、なんとかマコトに気づいてもらおうと必死でアピールするが――。

第30話『シュシュッとマンガを取り返せ!しゅり毛んゴンじろーの巻!』『恐怖!ハロウィン仮装コンテスト!』

『シュシュッとマンガを取り返せ!しゅり毛んゴンじろーの巻!』
けんちゃんたちとまわし読みしていた大人気の忍者マンガを、たわしあごに見つかり没収されてしまったマコト。そんな中、校務員のおばあちゃん・九野市が本物の忍者であることが判明する。市からもらったボタンで「しゅり毛んゴンじろー」になったゴンじろーとマコトは、マンガを奪還するため夜の職員室へと忍び込むが・・・・・・。


『恐怖!ハロウィン仮装コンテスト!』
毛陵町商店街ではハロウィン仮装コンテストが催され、優勝商品の「焼きそばパン1年分」を目指すためマコトとの参加を決めるゴンじろー。しかし、どこからかゴンじろーを狙う黒い影が迫ってきて、ゴンじろーは大ピンチ!?黒い影の正体とは……そしてコンテストの行方は!?

第29話『新たなる災い 毛タストロフィー!』『手にいれろ!ゴッドボタン・チャリオット』

『新たなる災い 毛タストロフィー!』
またもや動物たちに悪い毛がとりつく事件が発生した。グラディエーターゴンじろーとなり動物たちの悪い毛をなぎ払うゴンじろー。一旦は事件が解決したかと思いきや、今度は太陽が悪い毛に覆われ始める・・・。このままでは地球規模の天変地異に見舞われてしまうと知ったマコトとゴンじろーは、タイゾーとともに解決の道を探るが・・・・・・。


『手にいれろ!ゴッドボタン・チャリオット』
毛に覆われてしまった太陽を元に戻すには、レジェンドボタンの力をさらに上回る「ゴッドボタン」が必要であるということが判明。さらに、レジェンドからゴッドへの進化にはこれまでよりも強力なオナチャーが必要だった。自分のオナチャーに地球の命運がかかっている・・・!究極のオナチャーをマスターするため、マコトはBoo1グランプリに出場するが・・・。果たしてふたりはチャリオットボタンを手に入れ、再び地球に光を取り戻すことが出来るのか!?

第28話『なぞをと毛!たからさがしの秋』『天までま毛ま毛 チョ毛ソフト』

『なぞをと毛!たからさがしの秋』
食欲の秋、スポーツの秋といった様々なことにチャレンジできる秋の季節が到来。マコトたちの通う毛陵小では「全ての秋を制覇したものに伝説の箱=あきのはこが授けられる」という噂が流れていた。謎多き“あきのはこ”を手に入れるため、マコトとゴンじろーはあらゆる「○○の秋」にチャレンジする!


『天までま毛ま毛 チョ毛ソフト』
巷で噂のソフトクリーム屋さんは、いつも大行列。店主のブリュットルは世界一のソフトクリームを作るため、日々毛陵町でソフトクリームを作っていた。美味しいソフトクリームを食べたいマコトとゴンじろーだが、そんな時ブリュットルがスランプに陥ってしまい……。スランプを克服させようとゴンじろーはブリュットルのボタンをつけてチョ毛ソフトゴンじろーに!世界一のソフトクリームは完成するのか!?

第27話『進化!グラディエーターボタン!』

遠足でクラスメイトたちと動物園にやってきたマコトとゴンじろー。そこに突如現れたのは毛マージェンシーにより誕生した凶悪なマンモス・毛モスだった。悪い毛によって他の動物たちを操り次々と人間を捕らえていく毛モス。ゴンじろーはムキムキゴンじろーにボタチェンして立ち向かうも歯がたたない。絶体絶命の危機を乗り越えるには、こだいのボタン『ムキムキ』をオナチャーで進化させ、レジェンドボタンに進化させる必要があった・・・!

第26話『ボタンで必勝!運動会』『ほと毛さまゴンじろーでな~も~』

『ボタンで必勝!運動会』
待ちに待った運動会が開催!意気揚々と優勝を目指す、赤組のマコトたち。しかし白組のたっつんは、アメリカのトップアスリートである阿須利威人(あすりいと)という超強力な助っ人を呼び対抗してきた!ゴンじろーは今まで手に入れたあらゆるボタンを使って競技に挑むが空回り、気づけば絶望的な得点差に・・・。最後の望みをかけて挑むリレーで、赤組は勝利を掴むことができるのか!?


『ほと毛さまゴンじろーでな~も~』
ぴかっちょが和尚さんをしているお寺に座禅体験をしにきたマコトとゴンじろー。座禅に飽き寺の中でいたずらし放題のゴンじろーは、大仏様のおでこにある白毫を取り外してしまう!さらになんと白毫は、実はボタンだったことが判明?!『ほと毛さまゴンじろー』にチェンジし性格も仏様になってしまったゴンじろーは、次々と人々の悩みを聞き善行を積むが……。

第25話『ピタリとあたる毛そううらない』『たびだちのひ さらばゴンじろー』

『ピタリとあたる毛そううらない』
有名な占い師である細太木ガス子が、ふとっしーの親戚であることを知る一同。早速、占ってもらおうと乗り込むが、細太木は力を使い果たしてしまい、占いをすることが困難に……。そんな時、細太木からボタンを貰ったゴンじろーは占い師となり、手相占いならぬ『毛相占い』を始め、みんなの運勢を次々と占っていく!


『たびだちのひ さらばゴンじろー』
ささいなことでケンカしてしまったマコトとゴンじろー。売り言葉に買い言葉で、ついにゴンじろーが家を出ていってしまった。互いのことを気に掛けながらも素直になれない2人。やがてマコトは、ゴンじろーが毛陵町から出ていってしまったことを知る。ゴンじろーの行方が分からないまま、気づけば1ヶ月が経とうとしていた――。

第24話『ニャーニャーニャニャーニャー』『まひるのドッジボールたいけつ!』

『ニャーニャーニャニャーニャー』
いつかの野良猫にまたボタンを盗られたゴンじろー。代わりにマコトが近所の猫からもらってきたミ毛ネコボタンを使い、猫の能力と、猫の言葉が分かるようになったゴンじろーは、マコトのボタンは猫世界の女王に渡ったことを知る。猫女王からボタンを奪い返すには、彼女に気に入られるしかない!ゴンじろーは猫女王がよく現れる『ニャ舞伎町』に潜入し、店のナンバー1を目指しつつ、マコトのボタン奪還を狙う!


『まひるのドッジボールたいけつ!』
昼休みの醍醐味と言えば、ドッジボール!いつもマコトのクラスではけんちゃんがドッジボールでも陣取りでもヒーローだが、マコトは自分もクラスのヒーローになりたいと満を持してけんちゃんに勝負を挑む!ゴンじろーとの協力プレイで互角のバトルを繰り広げるマコト。最後に勝つのはどっちだ?!

1  2  3  4 
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.