テレビ東京アニメ公式サイト:あにてれ

これまでのお話

 [1] [2] [3] [4] []

第52話『帰るべき場所』

◆ 2015年3月31日放送

宇宙を消滅させようとする始まりの魔神。地球の核、その適合者の翔悟ならば、リベレーションコクーンで始まりの魔神と接触することができるはずなのだが、始まりの魔神は応じようとしない。コクーンの外、ネポスに放り出されてしまった翔悟に、シュトルツは地球に戻るように言う。地球の核の適合者は、地球でリベレーションコクーンを展開しなければ、始まりの魔神と接触できないのだった。翔悟は地球に戻り、リベレーションコクーンを展開させる。そして、始まりの魔神との接触に再び挑むのだった。


第51話『終わりの始まり』

◆ 2015年3月24日放送

ドラゴン、フェニックス、グリフォンの3つの星の核を手に入れたケルベロス・レボルトは、とうとう『終焉の結び』を行なおうとしていた。その時、シュトルツがフェニックスのボーンパーツをかざし、フェニックスのコアボーンを呼び寄せる、レボルトの終焉の結びを阻止した。だが、まだドラゴンボーンがとられている、地球の危機が去ったわけではない。刻一刻と迫る地球の危機、ボーンを着装できない翔悟たちには為す術がなく……。


第50話『終焉の結び』

◆ 2015年3月17日放送

ケルベロスと戦い続けるドラゴンは、パンサーを倒された怒りから、レアメタルボーンになった。だが、レアメタルの力をもってしても、三属性を自在に操るケルベロスには苦戦するドラゴン。さらに、宇宙ではレオが左手を残して石化しながらも、ユニコーン、バジリスクと対峙する。たった一人、拳一つ、それでも諦めずに、立ち向かおうとするギルバートの鋼の精神に、レオボーンと雷の魔神が答えた。レオもまた、レアメタルボーンになったのだ。そこに、シャーク、ライノー、ジャガーもレアメタルとなって舞い戻り、優勢に戦いを繰り広げる。だが同じ頃、戦い続けてきた翔悟が、ケルベロスの猛攻についに倒れ、ドラゴンボーンを奪われてしまった。地球の運命は!?終焉の結びは為されてしまうのか!?


第49話『狼と虎』

◆ 2015年3月10日放送

とうとう動き出した始まりの魔神。それを察知したロス研究所は、リベレーション・コクーンの開発を急ぐ。始まりの魔神に対するには、コクーンの完成版が必要なのだ。一方、ネポス・アンゲリスでは、翔悟とリーベルトがレボルトから逃げていた。コクーンがない翔悟は、ドラゴンボーンを着装して、戦うことができない。ただ、逃げることしかできなかった。そんな二人の前に、グレゴリーとヴィクトールが現れた。身構える翔悟とリーベルトだが……。


第48話『反逆の雄叫び』

◆ 2015年3月3日放送

ネポスへと向かった翔悟たちと智恵は、リーベルトの案内で、シュトルツ邸跡地に地下室を発見した。智恵はその祭壇の様子と、翔悟が触れたことで現れた紋章を見て、コクーン開発と終焉の結びのヒントを掴むことができた。だがその時、クラーケンが現れ、攻撃してくる。翔悟はやむなく、智恵を先に地球のISSへ帰すと、必ず戻ると約束してクラーケンに立ち向かう。だが、五人の力でクラーケンを倒したかと思われた時、ウロボロスが急襲。空間の力を駆使した攻撃も相まってコクーンがタイムアップ、着装も解けてしまう。リーベルトが空間の力で一同を逃がそうとするが、それを待ち構えていたウロボロスによって、翔悟は捕らわれるのだった。レボルトの前に引き出される翔悟。ドラゴンボーンは、ついに奪われてしまうのか!?


第47話『禁断の記憶』

◆ 2015年2月24日放送

評議会の目的とは、『終焉の結び』、つまり始まりの魔神からの自由だと聞かされる翔悟。そのためにシュトルツを手にかけ、地球を襲撃した事が許せず、レアメタルジャガーとともにソキウスらを返り撃つ。リーベルトは幼い頃、終焉の結びの文字が書かれた地下室で自分を叱責した父シュトルツを思い出し、終焉の結びとは自由や平和ではなく忌むべきものとしか思えない。評議会が言う目的は真実なのか?地下室が始まりの魔神を召還する場所だったとも考えられ、確かめに智恵を訪れ、亡き父への悲しみに泣くリーベルト。地球の被害を目の当たりにした翔悟らは、葛藤の末、リーベルトや智恵と一緒にネポス行きを決意。『終焉の結び』の謎を確かめに向かうが…。


第46話『変わらない強さ』

◆ 2015年2月17日放送

突然、地球の翔悟たちの前に現れたグストスとモース。彼らはネポスで起こった悲劇を翔悟たちに語った。レボルトはネポスの星の核であるダークフェニックスを着装し、クルードとシュトルツを襲った。ダークバットが身をていしてかばうが、クルードとシュトルツは、圧倒的なダークフェニックスの力で倒される。グストスとモースはダークバットの空間の力で地球に移され、危機を逃れたのだった。クルードとシュトルツが倒されたことを知り、落ち込む翔悟。そんな翔悟を元気づけたのはアントニオのパフォーマンスだった……。


第45話『蠢く欲望』

◆ 2015年2月10日放送

始まりの魔神の出現は異常気象などの形で、地球に大きな影響を与えていた。一夜明けて、そのことが報道される中、翔悟は早穂が火の魔神たちの影を目撃していたことを知る。ネポスや始まりの魔神の襲来によって、日常が次第に壊されていくことに焦りを感じる翔悟。そんな中で翔悟は、姉の智子に手合わせを頼み、自分の進むべき道へのヒントを掴もうとするのだった。一方、ネポスではクルードたちの潜伏先をレボルトがついに見つけ出した。彼らを倒せば、後顧の憂いなく地球を滅ぼすことができると目論むレボルト。だが、その裏をかいて、クルード、シュトルツらはペルブランド、バーリッシュの力を借りて、レボルトの屋敷を襲撃する。混乱に乗じて、フェニックスボーンを取り戻そうとするクルードの策は、果たして成功するのか……。


第44話『魔神、再び』

◆ 2015年2月3日放送

リベレーションコクーンの真の目的は、始まりの魔神を呼ぶための装置だと、イアンに知らされた翔悟たち。リベレーションコクーンは始まりの魔神に接触するために開発されたものだった。そして、もう少しでコクーンが完成し、智恵の研究も終わることも教えられる。翔悟たちはロス研究所から日本に戻ってくる。家族や仲間たちとの日常に戻った翔悟は、研究を終えた母親が帰って来られるようにするためにも、日常を守らなければならないと、改めて思った。そんな時、評議会から新たなるエクェス、ダークユニコーンが現れた。


第43話『絶望を希望に変えて』

◆ 2015年1月27日放送

土の魔神が現れ、ライノーがレアメタルボーンへと変化した。ロス研究所では、レアメタルと、レアメタルのデータを元に、新型のコクーンの研究が進められる。一方、ネポス・アンゲリスでは、火の魔神に続き土の魔神までもが地球に味方したことに、レボルトがいら立ち始めていた。グレゴリーとヴィクトールは問題を解決するために地球に行くことにする。ルークは、ロス研究所を守るために、一人で研究所を飛び出して、見回り、警護することにする。破壊されたメルボルン研究所のようにはさせまい、必ず守り抜くと誓うルークだが……。


 [1] [2] [3] [4] []