ニュース・更新情報

ワッチャプリマジ!

エピソード
次回予告
第31話「マジ?テクノロジー?いざ、デュオプリマジ!」

魔法メインのプリマジか、テクノロジーメインのプリマジか? さっそく対立してしまうみゃむとあうる。そんな中あうるは阿智彦に、プリマジ中のみゃむの魔力をスパイとして計るよう命令されてしまう。仲間を裏切ることに心の痛みを感じるあうる。何も疑わずしだいに「仲間」として打ち解けていくまつりとみゃむに、あうるは自分は仲間なんかではない、と自分の罪を告白してしまう。

これまでのお話
1  2  3 
第30話「めがねとコンタクト」

まつりとのデュオを拒むあうる。すべてを1人でやってきたあうるにとって、自分1人でコントロールできない状況は「好きじゃない」。あうるとの距離を縮めようと焦るまつりだったが、あうるのことを知り尽くしためが姉ぇにはかなわない。めが姉ぇとあうるの絆に感心するまつり。一方のあうるは、自分のプリマジがマンスリーで1位に選ばれたことを父親である阿智彦へ報告するが、その反応はあうるの期待したものではなかった。そんなあうるを見守るめが姉ぇは…。

第29話「誰と組む?フィーリングデュオ大会」

橙真とひゅーいのデュオプリマジをみて、テンションを上げるまつり。自分もデュオがやりたい!と、他のプリマジスタ達を誘う。いつものようにプリズムストーンショップに集まった一同は、誰とデュオを組むか決めるため、ひゅーい発案の「フィーリングデュオ大会」を決行する!そして……またもや勃発する、あまね争奪戦!みるきの抜け駆けに始まり、真っ向アピールのまつり、やや引いた位置から様子を伺うれもん。我関せずのあうると、興味深そうに眺めるひな。果たして、あまねのデュオ相手になるのは、一体誰なのか?そして、まつりの相手は!?

第28話「君はマイ・プレシャスワン!俺たちのマジ!」

オメガコーポレーションがみゃむを狙っている。ついに動き出したオメガの計画から大切な人を守るため、にゃんじいの静止も振り切り、ひゅーいは思い切った行動を起こす。それはかつて、自分を助けてくれたチュッピに教わった、チュッピとマナマナが手を取り合い、助け合って暮らしていた頃の”本来のプリマジ”を守るためでもあった。真剣な表情で橙真の前に現れるひゅーい。いつも通りの唐突な登場。しかし、いつもと違うひゅーい。心配する橙真に、ひゅーいは別れの言葉を告げ、オメガコーポレーションへと向かう。そして、橙真もまた、ある大きな決断を下すのだった。

第27話「繋がっていく運命」

マナマナの力に頼らないプリマジ。あうるとジェニファーのプリマジを目の当たりにしたみゃむ達は、近い将来、オメガの技術でプリマジのあり方が変わってしまうのでないかと危惧し始める。そんな彼女らを心配そうに見つめるひゅーい。魔法界の、いわばスパイとして、オメガに協力するふりをしている彼もまた、これからのチュッピとマナマナの関係性について不安を感じているのだった。一方その頃、オメガコーポレーションでは、阿智彦が”まつりがエキシビション進出を決めたプリマジ”の映像をじっと見つめていた。果たして、その瞳には何が映るのか……

第26話「あうるの英吉研究白書!」

まつりを研究対象として、観察することにしたあうるは、まつりの家に居候すると言い出す。驚きながらも、みゃむの時同様、すんなり受け入れるまつり達。ある日、まつりが学校に行っている間、英吉のお店の手伝いをすることになったあうる。効率を求めるあうるは、オンラインで飴を販売するためのサイトを作り上げる。「すげえじゃねえか」とあうるをほめるが、その後もこれまでのやり方を貫く英吉。なぜ?と怪訝に思うあうるに英吉は「客の喜ぶ顔がみてえからだ」と笑顔で答えるのだった。次の日、なぜかプリマジに集中できないあうるは、英吉のその言葉を思い出す。

第25話「検証データFile 御芽河あうるの場合」

私は最も素晴らしいプリマジができるプリマジスタだ。突然現れ、そう宣言した御芽河(おめが)あうる。新設されたコスモ地区の代表としてグランドフェスに出場するという彼女は、父・阿智彦から「二度と仲良しごっこができないように、グランドフェスのレベルの底上げしろ」という指示を受けていた。その内容にまつり達は絶句する。後日、あうるのことが気に入らないみゃむは、弱みを握るため、オメガコーポレーションに乗り込むと言い始める!魔法の力で何とか潜入するのだが、監視センサーにひっかかり、絶体絶命!しかし、焦るみゃむ達の前に、なんとひゅーいが現れる!

第24話「行くぞエキシビション!5人のマジ」

エキシビション前夜。合宿最後の練習が終わり、名残惜しそうに星空を眺めるまつり達。誰ともなしに合宿の思い出を語り始める中、ひなは、はじめはバラバラだったけど、最後はこうしてひとつになれた。本当にこの合宿に参加してよかった、と少し恥ずかしそうに話す。微笑む一同は改めて、エキシビションも頑張ろう!と結束を強める。そして、迎えたエキシビション当日。本番を直前に控えたロビーには、なんと、まつり達の姿があった。サプライズでのファンサービスに盛り上がりの会場。一方、その様子を見た阿智彦はいらだちを隠せないでいた……

第23話「最後の試練 みんなでセンター!」

エキシビションのセンターは、5人全員で!そう決めたまつり達は、打倒ジェニファーに向け、最後の猛練習に励む。しかし、ウンディーネはその様子を心配そうに見つめていた。ある日、突然練習場にやってきたウンディーネはまつり達に、「最終審査よ」と言い放ち、合宿所の裏山の頂上まで来るように伝える。互いにサポートしながら山頂を目指すまつり達。しかし、ついにれもんが体力の限界を迎え、しかたなく休憩をとることに。みんなの足を引っ張って申し訳ない、そう謝るれもん。しかしまつりは、れもんのおかげでこの合宿が楽しかったのだと、話を始める……

第22話「緊急特番ご覧アーレイ!」

ジェニファーのプリマジ。そのぞっとするほどの迫力に自信をなくしたみるきは、やっとの思いでゲットしたエキシビションのセンターの座を降りると言い始める。このまま自分がセンターでプリマジをやっても、絶対にジェニファーに勝てない。この合宿は無駄だったんだと、弱気な発言のみるき。そんなみるきにひなが食って掛かり、あわや大げんか、と思われたが、それを止めたのはなんとれもんだった。あきらめない気持ちが奇跡を起こす。それがプリマジです!れもんの強い思いに、みるきたちの出した答えとは…?

第21話「アイ・アム・ジェニファー!」

ジェニファーのライブ開催の一報に、世間は色めき立つ。まつりとれもんも大喜びするが、ひなはやや複雑な心境。そんなひなを心配するあまね。そして、みるきはいうと、自分がセンターに決まったニュースが完全にかき消され、憤慨していた。翌日、そんな5人の前に、ジェニファーが現れる。なんと、ライブの勘を取り戻すため、しばらく一緒に合宿に参加するというのだ!トレーニング中、さすがの動きに感嘆する一同と楽しそうなジェニファー。しかし、ライブが直前に迫ったある日、ジェニファーはひゅーいに、自分は本当にまたプリマジをしていいのか、と悩みを打ち明ける。

1  2  3