うえきの法則 ニュース
第1話〜第13話
第14話〜第26話
第27話〜
 
第1話 「植木耕助・正義の法則」
2005年4月4日放送
“正義”が信念の中学一年生・植木耕助は、次世代の神様候補・コバセンにより、「ゴミと認識したものを木に変える能力(チカラ)」を与えられていた。不思議な能力を使う植木を、宇宙人と思い込んだおせっかい同級生・森あいは、担任教師であるはずのコバセンに植木との関係を問い詰め、驚くべき事実を知る。 もっとも危険で、最も熱い“正義への戦い”が今始まる!!
第2話 「バトル開始 !! の法則」
2005年4月11日放送
コバセンから能力者バトルの仕組みを聞いた森は、街で出会う誰もが植木の敵に見えてしまい気が抜けないでいた。そんな中、植木と森は、銭湯の煙突の上で立ち往生し泣きじゃくる女の子を発見。そしてそこへ危険をかえりみず助けに向かう中学生を見つける。それは、一風変わったスタイルの関西弁ハチマキ男・佐野清一郎だった。
第3話 「才の法則」
2005年4月18日放送
ルール違反をしても平丸男(たいらまるお)を勝たせようと、平VS植木のバトルに介入する神候補・ラファティ。この反則攻撃により植木は劣勢に追い込まれる。見かねて、静観していた佐野清一郎もバトルに参戦。実は佐野も、自分の理想を求め“空白の才”を手に入れたい中学生のひとりだった…。
そして、次から次へと現れる対戦相手とのバトルのおかげで、植木の闘い方も少しずつ変化していく。
第4話 「体術の男・李崩の法則」
2005年4月25日放送
病気になったコバセンの見舞いに行った植木と森は、コバセンの部屋で「植木の法則」のデータを見つける。能力で人間を傷つけると才が一つ消える変わりに、能力者を倒すごとに才がひとつ追加されること、そして、このバトルの真の意味を知った二人の前に、新たな能力者・李崩が現れる。今迄の能力者たちをすべて能力を使わずに倒してきたという最強の格闘家・李崩を、植木は倒すことが出来るのか!?
第5話 「最強能力者ロベルト・ハイドンの法則」
2005年5月2日放送
偶然出会った謎のHH(ヒップホッパー)B・J。彼は「硬貨を風に変える能力」を持つ能力者だった。ロベルト・ハイドンという最強の能力者の名を語ってハッタリで敵を倒す彼の前に、本物が現れる。コバセンですら「ロベルト・ハイドンには手を出すな」と言う彼は、一体何者なのか?植木耕助の最大の敵の登場でバトルは新たな展開に!?
第6話 「さらばの法則」
2005年5月9日放送
最強の能力者であるロベルト・ハイドンに、手も足も出ない植木。ロベルトの能力によって倒される寸前、それを助けたのはコバセンだった。「神候補はいかなる場合もバトル中の手助けを禁ずる」。それを破ったコバセンは地獄へと堕ちていった。「こんなバトルやめちまえ!お前の好きなように生きろ!!お前の人生だ!」という言葉を残して・・・。しかし、植木が選んだ道はバトルに優勝することだった。
第7話 「コバセンの法則」
2005年5月16日放送
コバセンの代わりとしてやってきた新しい神候補の淀川(愛称:よっちゃん)。彼は植木にバトルを辞退するように勧めるが、植木はこのバトルで優勝する決意を明らかにする。植木の残りの才は残りあとわずか。しかし、次に現れた新たなる敵の能力者の持ち才はなんと215個!「頭をダイヤモンドに変える能力」を持つボーロ・Tの岩をも砕くダイヤモンドヘッドに対抗すべく、植木が考えた秘策とは!?
第8話 「正々堂々!鬼紋の法則」
2005年5月23日放送
「だりィ」が口癖のやる気の無さそうな男・鬼山紋次郎、略して「鬼紋」。だが、その外見とは裏腹に、バトルの経験値がハンパ無く高い彼は、「蹴り飛ばした土を鉄球に変える」能力で植木を苦しめる。「正々堂々」がポリシーの鬼紋は悪い奴では無さそうだが・・・?鬼紋のバトルに賭ける想いを知って、植木は・・・?
第9話 「鬼紋の特訓の法則」
2005年5月30日放送
「ロベルト・ハイドンが統率する10人の強力な能力者集団「ロベルト十団」の一人、「黒影の男」が、新たなる敵として植木の前に現れる。ここから先は本当に力のある者しか生き残れないサバイバルバトル!でも植木は一人じゃない!支えてくれる仲間がいる。バトルで優勝するために「影を粘土人形(クレイマン)に変える」能力者「黒影の男」に、今、植木が立ち向かう!!
第10話 「むくわれぬ正義の法則」
2005年6月6日放送
「正義」がなんの意味も持たないと諦めてしまっていた黒影。しかし、たとえ報われなくても自らの正義を貫こうとする植木の生き方に、彼の閉ざされていた心がだんだんと開いていく。「もう一度昔の自分に戻りたい!」と願う黒影に対してロベルト10団のメンバー・カムイがとった行動に、植木の怒りが爆発する。
第11話 「ロベルト十団」の法則
2005年6月13日放送
黒影との闘いの真っ最中、突然現れた白影の男カムイ・ロッソ。黒影と交代でバトルに加わるカムイ。植木は既に満身創痍だが、黒影との正々堂々のバトルを邪魔された怒りをパワーにカムイに立ち向かうのだった。  数日後、植木の前にまたロベルト十団からの使者がやって来た。戦いに来たのではないと言う明神が発した言葉は思いもよらないものであった。
第12話 「天界人の法則」
2005年6月20日放送
ロベルト十団を内部から壊滅させようと入団を決意した植木だったが、どうしても仲間のフリが出来ない。ロベルトはそんな植木に三日間の過酷な入団テストを受けさせるのだった。
一方、何も知らされないままの森は、十団のもとに向かった植木の様子を聞き出そうと植木の自宅へと乗り込む。森を迎えたのは植木の父と姉。一風変わったその植木ファミリーから「空からの贈り物」という一冊の本を渡される。
第13話 「天界獣の法則」
2005年6月27日放送
アレッシオの「土を大鎌に変える能力」によって絶対絶命のピンチを迎えた植木。あと少しでアレッシオの大鎌に串刺しにされるその瞬間、地面を突き上げて見た事もない巨大な怪獣が姿を現した。天界獣と名乗るその化け物は天界人を食べる為に地上へ現れたのだと言う。そしてその天界人とは、なんと植木の事であった!
第1話〜第13話
第14話〜第26話
第27話〜
 
(C)福地翼/小学館・テレビ東京・「うえきの法則」製作委員会