イントロダクション

高畑充希が食べて!忘れる!グルメコメディードラマ「忘却のサチコ」が連ドラになって帰ってきた!

『忘却』…旨いものをただひたすらに味わった瞬間に達する美食の境地。
完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称される文芸誌編集者の佐々木幸子(高畑充希)。
結婚式当日に新郎・俊吾(早乙女太一)が逃亡…

なぜ?なぜ俊吾さんは私の前からいなくなったの…?
そんな幸子は“旨いもの”食べる=俊吾さんを忘れられるという忘却の法則に気が付き、忘却の美食道を突き進むことにー

幸子が出会う“旨いもの”の数々…個性が強すぎる作家たち…
さらに悪気一切ナシで先輩たちを翻弄する新世代の新入社員・小林心一(葉山奨之)が登場!
幸子が新キャラクターたちに振り回されて走り回る!?

さらに、逃げ出した俊吾さんが幸子の前に現れて…

幸子の脳内で俊吾さんの思い出が大暴走!
笑いあり、涙あり、食あり、“忘却”あり!
新感覚のグルメコメディドラマがついに開幕!

原作情報

阿部潤「忘却のサチコ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

原作は週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中の漫画家・阿部潤による人気作。
単行本は累計販売数50万部を突破。

原作者・阿部 潤 コメント

新年放送したドラマ版「忘却のサチコ」が この秋、連ドラになって帰ってくる!?
僕にとっては、お正月に続いて今回も夢のようなお話で 感謝感激しっぱなしです!!
主演は前回見事に幸子を演じきってくださった高畑充希さん。
今回もあのキリッとしながらも可愛らしい幸子が拝見できるかと思うと今から胸いっぱいです。。。
それに編集部のメンバー、ちょっとおかしな作家たちと…サチコのキャラ達がどんな風に実写化されるのか(笑)。
さらに、監督を始め前回と同じスタッフが再集結…もう嬉しすぎて感謝でいっぱいです!!
これはもう一言、「早く観せて!」に尽きますね。
放送日は、いち視聴者として心から楽しみにしております。

音楽情報

オープニングテーマ
スカート「忘却のサチコ」

スカート コメント

打ち合わせのときのオーダーは「昔のアニメのテーマソングみたいな感じ」というものでした。今回の楽曲にはかつてのアニメ主題歌が作品のタイトルを冠したのに倣って「忘却のサチコ」というタイトルをつけさせてもらいました。ドラマが原作を大切にしている作品だからこそやれたことだと思っています。制作中は”パンチがあって、華やか。かつ、サチコの一周回ったキュートさから目が離せなくなる”感覚をどう音楽に落とし込めばいいんだろう、とかなり苦労しましたが、仕上がったものを聴くとそんな日々も忘却できそうです。
今回、在日ファンクの村上基さんにホーンアレンジをしていただいたのですが、これが素晴らしい!
「パンチがあって、華やか」の大部分はそのホーンによるものでしょう。
とにかく今は漫画から飛び出してきたようなサチコの姿を見るのを楽しみにしています。

【プロフィール】
どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。強度のあるポップスを提示し、観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴ・パフォーマンスに定評がある。2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。2010年、自身のレーベル、カチュカ・サウンズを立ち上げ、ファーストアルバム『エス・オー・エス』をリリースした事により活動を本格化。これまでカチュカ・サウンズから4枚のアルバムを発表し、2014年に発表した12’single『シリウス』でカクバリズムへ移籍。続くアルバム『CALL』(2016年)が全国各地で大絶賛を浴びた。そして、2017年10月にはメジャー1stアルバム『20/20』を発表。また、そのライティングセンスから多くの楽曲提供、劇伴制作に携わる。
近年では藤井隆のアルバム『light showers』に「踊りたい」(2017年)を提供。「山田孝之のカンヌ映画祭」(2017年)ではエンディング曲と劇伴を担当し、映画「PARKS パークス」(2017年)には挿入歌を提供、自身も映画に出演している。2018年に入っても映画「恋は雨上がりのように」の劇中音楽に参加。マルチプレイヤーとしてスピッツや鈴木慶一のレコーディングに参加するなど、多彩な才能、ジャンルレスに注目が集まる素敵なシンガーソングライターであり、バンドである。

オフィシャルサイト: http://skirtskirtskirt.com/

エンディングテーマ
edda 「ループ」

edda コメント

年明けに放送されたスペシャルドラマでも主題歌を担当させて頂いていた「忘却のサチコ」に、再び携わることができて光栄です。 今回エンディングテーマになった「ループ」はスペシャルドラマで主題歌になった「リピート」の対になる曲として作りました。 サチコの心情に寄り添って描いた「リピート」の世界をさらに広げた「ループ」で、新たな「忘却のサチコ」ワールドに少しでも色を添えられたら幸いです。
スペシャルドラマから連続ドラマになった「忘却のサチコ」、毎週サチコの奮闘する姿が見れるのが楽しみです。

【プロフィール】
音楽塾ヴォイスにて軸となる音楽性を形成。
音楽による表現だけに留まらず、イラストやジオラマなどを創作することで、独自の世界観を追求するアーティスト。
昨年5月31日に地元である福岡限定シングル「半魚人」を自主レーベル・Erzähler RECORDSよりリリース。売り切れ店が続出したのを受けて、7月19日に初の全国流通盤となるミニアルバム「さんかく扉のむこうがわ」を同レーベルよりリリース。同年10月11日、ビクターカラフルレコーズよりシングル「チクタク」(日本テレビほかアニメ「Infini-T Force」エンディングテーマ)でデビュー。
2018年5月には、Coccoからの提供曲やササノマリイとの共作曲などを収録したEP「ねごとの森のキマイラ」を、続いて8月22日に読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ「探偵が早すぎる」主題歌の「フラワーステップ」をリリース。11月7日には1stアルバム「からくり時計とタングの街」をリリースする。奥深いアーティスト性とポピュラリティを併せ持つ新進アーティストである。

オフィシャルサイト  http://eddavilla.jp/

監督/脚本

お正月のドラマスペシャルで魅力たっぷりな“幸子”を作り上げた監督と脚本家が再タッグ!
メイン監督は星野源、乃木坂46ら人気アーティストのミュージックビデオや、ドラマ24「下北沢ダイハード」を監督した人気実力派映像監督・山岸聖太

脚本はドラマ「あなたには帰る家がある」「1リットルの涙」や大河ドラマ「花燃ゆ」の大島里美
さらにパワーアップした“サチコワールド”がさく裂すること間違いなし!
夜中に“ジワる”“シュール”な笑いと、切ない恋心、サチコの豪快な食べっぷり…
そして、毎話、劇中に登場する「美食」の数々にご期待ください。

コメント紹介

木下真梨子(テレビ東京プロデューサー)

ドラマスペシャルの放送後、SNSなどでたくさんの方にお褒めの言葉をいただき、連続ドラマとして帰ってくることが出来ました!高畑充希さん演じる幸子さんに再び会えることに、スタッフとしてだけでなく視聴者として、今からワクワクしています。スペシャルでは、婚約者の俊吾さんに逃げられた幸子さんが“忘却の美食道”に足を踏み入れるところまでをお届けしましたが、今回は幸子さんがどうやって“美食道”を突き進んでいくのかを描いています。

高畑さんにこんなことさせて、いよいよ怒られないかな…と正直ドキドキしていましたが、さらにパワーアップした幸子さんを真正面から受け止めていただき、「こんな高畑充希見たことない!」の連続になっています。第1話からまっすぐに仕事と恋に向き合う幸子さんが大暴走しています。 是非、ちょっとズレてる幸子さんの一途さとひたむきな姿を応援、よろしくお願いします!

もちろん、“美食”もパワーアップしているので、そこにもご注目いただければと思います!
様々なジャンルのグルメたちが深夜に皆さんの胃袋を刺激すること間違いなしです。

番組概要

放送局 テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
放送日時 10月12日(金)深夜0時12分スタート!
放送時間 毎週金曜深夜0時12分 ※テレビ大阪は翌週月曜深夜0時12分放送
原作 阿部潤 『忘却のサチコ』<小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載>
主演 高畑充希
出演 早乙女太一 葉山奨之 逢沢りな 重岡 漠 上地春奈 ふせえり 吹越 満
脚本 大島里美 狗飼恭子 山岸聖太
監督 山岸聖太 石井聡一 根本和政
音楽 矢野博康
オープニングテーマ: スカート「忘却のサチコ」(PONY CANYON / KAKUBARHYTHM)
エンディングテーマ: edda「ループ」(ビクターエンタテインメント / カラフルレコーズ)
チーフプロデューサー 浅野太(テレビ東京)
プロデューサー 井関勇人(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、藤原 努(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)小坂智尚(ホリプロ)
制作 テレビ東京 ホリプロ
製作著作 『忘却のサチコ』製作委員会