ストーリー

  • 駐在刑事 第1話 シーン1
  • 駐在刑事 第1話 シーン2

10月19日(金)放送 第1話

奥多摩・水根駐在所に勤務する警察官、江波 (寺島進)は元警視庁捜査一課の刑事。取り調べ中の女性が服毒自殺し、左遷されて5年。今や「駐在さん」としてすっかり地域に馴染んでいた。ある日、水根診療所の医師・松永(松田悟志)から、看護師のゆり子(瀧本美織)が登山中に捻挫したと連絡が入る。翌朝、山岳ガイドの孝夫(鈴之助)と救助に向かった江波は下山途中、土木作業員の中西が胸から血を流して死んでいるのを発見する。
中西は残土処分場を巡り、前日に孝夫と口論になっていた。さらに中西の同僚・氷川も殺害され、診療所から2人を刺した凶器が発見される。だが、松永は犯行を否認する。松永には中西が殺された時間帯、ゆり子と登山中というアリバイがあった。
一方、奥多摩署の新署長に、警視庁捜査二課から綾乃(黒木瞳)が着任。綾乃は、江波が取り調べ中に自殺した女性の姉。「あなたを潰すために来た」と江波に微笑む!

ゲスト出演者

  • 恩田ゆり子 瀧本美織 水根診療所の看護師
  • 松永吾郎 松田悟志 水根診療所の医師

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト