コールドケース・迷宮事件簿

コールドケース・ストーリー

コールドケース・第14話

1958年、山林に放置された段ボール箱の中から少年の死体が発見されたが、身元が分からないまま未解決事件として
処理されていた。
それから46年後。教会の前に置き去りにされたスーツケースの中から、事件の資料と「この子の名前はアーノルド」と
書かれていた写真が見つかった。写真には数名の少年とバスが写っており、バスには「ファーンウッド孤児院」の文字。
リリーは事件当時孤児院の運営に携わっていたシスター・ヴィヴィアンを訪ねる。もう1人のシスター・グレースは
最近他界していた。孤児院の資料から、アーノルドという少年が実在したことを確認したラッシュたちは、
アーノルドの姉グレッチェンを捜しだして遺体の写真を見せるが、グレッチェンは「弟は金髪の巻き毛だったし、
養子に出されたはず」と言う。殺人課の面々が孤児院出身でアーノルドを知る男たちを訪ねると、やはり同じ答えが帰ってきた。
遺体を掘り返して検証した結果、歯科治療の跡からアーノルドであることは確認されたが、アーノルドのDNAが
グレッチェンとマッチしなかった・・・。