魔法先生 ネギま!

最新情報
ストーリー
登場人物
スタッフ・キャスト
次回予告
これまでの話
TOPに戻る

1時限目「マギステル・ネギ・マギ」

2007年10月3日放送

 魔法学校を卒業し、立派な魔法使い、マギステル・マギになるため日本へ修行にやってきたネギ・スプリングフィールド。彼は麻帆良学園の教師として、新しく輝かしい第一歩を踏み出す……はずが、赴任早々、大きな失敗をしてしまう。登校中、バスにはねられそうになった子犬を助けるため空を飛んだネギだったが、その現場を、自分が担当する3年A組の生徒の一人・神楽坂明日菜に見られてしまったのだ。自分が魔法使いであることは、秘密にしていなければならない。ネギは、とっさに明日菜の記憶を飛ばそうとする。しかし、実際に飛んだのは記憶ではなく、明日菜の服や下着だった……。


2時限目「オトメ・ノ・リョウイキ」

2007年10月10日放送

 明日菜の幼馴染みで、クラスの委員長を務める雪広あやか。彼女はある日、なぜか物思いにふけっていた。そんなあやかに食ってかかるのは、ほかでもない明日菜。2人の間には、昔も今も言い争いが絶えなかった。そんな彼女たちを止めようと割って入ったネギは、健全に決着をつけてもらおうと、ドッジボール勝負を提案する。ほかの生徒たちも参加すれば、クラスの団結力も高まるし名案だ……と思いきや、3年A組の生徒たちは例外だった……。


3時限目「ドギ・マギ・アイドル」

2007年10月17日放送

出席番号25番の長谷川千雨は、10歳の教師や、同級生にロボットがいるなど、そのありえない状態を「普通の学校じゃない」と感じ、いら立ちが募っていた。しかし千雨も自分の部屋に帰ればネット界を牛耳るスーパーハッカーにしてNo.1ネットアイドル「ちう」としてうっぷんを晴らしていたのだった。ある日千雨はその秘密をネギに見られてしまって…。


4時限目「コイ・スル・オトメ」

2007年10月24日放送

出席番号13番の近衛木乃香は、学園長の孫でお嬢さま。そんな彼女がある日、父からお見合いの話をもちかけられる。近衛家に代々仕える桜咲家の刹那は気が気ではない様子。お見合いを嫌がる木乃香を見て、ネギと刹那はお見合いを阻止することに…。


5時限目「パッ・パラ・パパラッチ」

2007年10月31日放送

出席番号3番の朝倉和美は、報道部に所属し、日夜スクープを狙っていた。だが、プライベートを無視した彼女の記事に、生徒たちから非難の声が上がってしまう。ある日和美は偶然にネギが魔法を使ったところを目撃する。久々の大スクープの予感にネギの密着取材をすることに…。


6時限目「ユ・ラリ・ユラユラ」

2007年11月7日放送

突如、A組の教室でポルターガイスト現象が発生。明日菜たちは、学園で噂になっている幽霊のしわざだと噂をしている。一方ネギは出席番号1番で長期欠席をしている相坂さよのことが気になっていた。頻繁に教室で起きるポルターガイスト現象にネギが魔法をかけると窓際の一番前の席に人影が見える。その人影は怯えている相坂さよの姿だった…。


7時限目「サン・ポ・テクテク」

2007年11月14日放送

今日も校内を散歩している散歩部の楓と鳴滝風香・史伽姉妹。普段は目的など決めずに散歩をするのだが、今日は忍術修行を兼ねた散歩にしようと楓が提案する。その修行とはモノが発している声、「モノゴコロ」を聞くことだと言う。3人が集中して聞き耳を立てると風に乗って声が聞こえてきた。声の主を探して歩いていくとあるゴミ捨て場に辿りついて…。


8時限目「スキ・キス・ドキドキ」

2007年11月21日放送

学生寮のテーブルで居眠りをしていた宮崎のどかは夢を見ていた。それは担任であるネギとキスをする夢だった。ファンタジー小説を読んでいたからそんな夢を見たんだと思うが、その夢が頭から離れない。一方、テストの採点をしているネギをよそに明日菜と木乃香は新しい占いを試している。その占いでネギと運命の糸で結ばれているのは前髪を下ろして本が大好きで…とまるでのどかのことであるような結果が出る。翌日からののどかとネギはお互いに意識してしまって…。


9時限目「バ・カ・レンジャー」

2007年11月28日放送

ある日麻帆良学園の廊下に追試の貼り紙が貼り出された。該当者は綾瀬夕映、神楽坂明日菜、古菲、佐々木まき絵、長瀬楓の5人。いわゆる麻帆良学園3−Aの「バカレンジャー」と呼ばれる5人だった。しかも風の噂で今回の追試の成績が悪いと担任のネギが首になってしまうという。かくして土曜日の追試に向けたバカレンジャー5人の居残り特訓が始まった…。


10時限目「ヒミツ・ノ・デート」

2007年12月5日放送

休日に二度寝をしていた明日菜はクラスメイトの刹那にたたき起こされる。目を覚ますとルームメイトの木乃香は既に起きて出かけてしまっていた。刹那は木乃香の行き先を尋ねるが、誰かと買い物にでも行ったのではと明日菜は取り合わない。刹那はあらぬ妄想をしはじめ、異常なほどに心配する。見かねた明日菜は刹那を連れて木乃香が行きそうな街に探しに行くことに。しかし二人が目にしたのはお茶を飲みながら楽しげに話す木乃香とネギの姿だった…。


11時限目「マギステル・ナギ・マギ」

2007年12月12日放送

満月の夜にひとりで新体操の居残り特訓をしていた佐々木まき絵が何者かに襲われた。悲鳴を聞いたネギが駆けつけた時には何者かは去った後で、気絶したまき絵の首筋には歯形がついていた。そこへまた数人の悲鳴が響き渡る。ネギと明日菜が駆けつけると、そこにはアキラ、桜子、そして史伽と風香がまき絵と同じように首筋に歯形を傷跡を残し倒れていたのだった。ネギが気配に振り向くと、ベランダから逆さまにぶら下がっている人影が…。それは大人の姿をしたエヴァンジェリンだった…。


12時限目「エヴァ・イズ・レディ」

2007年12月19日放送

ネギはエヴァンジェリンの家を訪れる。「コワカワイイ」グッズに囲まれているエヴァの部屋にたじろぐネギ。部屋の中央の棺桶の中でネグリジェ姿のエヴァが眠っていた。ネギはエヴァが知っている自分の父親・サウザンドマスターとの記憶を知るために、眠っているエヴァの夢を覗き見る魔法をかける。そこに写ったのは魔法の力で何者かと戦いつづけるエヴァの姿。そして、戦いの中崖から落ちそうになったエヴァを間一髪助けたネギの父サウザンドマスターと呼ばれるナギ・スプリングフィールドの姿だった…。


13時限目「シズナ・ノ・ヲヘヤ」

2007年12月26日放送

麻帆良学園の裏の名物・進路指導室。進路指導の教師・源しずなの存在もあり、学園の生徒の憩いの場となっている。教師であるネギ・スプリングフィールドも頻繁に進路指導室を訪れる。しずなの用意するホットミルクを飲みながらネギや生徒たちは悩みをしずなに聞いてもらうのだ。その意味ではある意味麻帆良学園の事情に一番詳しいのはしずななのかもしれない…。