ページトップ

もっと楽しむ

祝!オールクランクアップ!MAICチームがサプライズで登場!

主演・谷原章介演じる華岡慧ひとりのシーンでクランクアップ!
…が、MAIC7班のチーム共演者がサプライズで登場!

3月6日のクランクインからおよそ2か月半…。
医療事故調査制度を扱い、新たな医療ドラマのかたちを提示した、テレビ東京系「金曜8時のドラマ『ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』」(テレビ東京系で毎週金曜日夜8時から放送中)。
さる5月23日、すべてのシーンの撮影を終え、無事にクランクアップ致しました。主演の華岡慧役を演じた谷原章介の、最終話ひとりだけでのシリアスな場面がラストシーンとなり、監督らが花束を渡して主演の谷原を労いました。その場面に突如登場したのは、医療事故調査委員会=通称MAIC7班の共演者の面々。中越典子、忍成修吾、藤井美菜、田山涼成の4人が、「班長おつかれさま!」の声と共に登場。サプライズの登場に驚いた谷原章介は笑顔で一人ずつ握手を交わし、共演者との別れを惜しみました。

写真:(左から、忍成修吾、田山涼成、谷原章介、中越典子、藤井美菜)
(左から、忍成修吾、田山涼成、谷原章介、中越典子、藤井美菜)

写真:谷原章介
■主演・華岡慧役 谷原章介コメント

今回、久々に2本目の(連続ドラマ)主演をやらせていただきました。MAICの調査班チームもそうですが、加えてこの撮影のスタッフ全員が家族のようにとても仲が良かったので、2か月間一緒に苦楽を共にできたことは本当に嬉しかったですね。関わった全員が一丸となって最後まで走り抜けてきました。ですので、離れるのがさびしいです。
放送ではまだあと数話残っていますが、ここまでは毎話完結で、様々な医療ミスだったり、トラブルだったり、患者さんの思いなどが中心に描かれてきましたが、ここからは(高畑淳子演じる)“鉄仮面”の晃代さんがなぜMAICという組織を作ったのか、そして、華岡慧がどうしてMAICの調査員として働き始めたのかという根本のところに関わってくるお話になってきます。最終話に向けて、津川雅彦さんも参加してくださっていますので、見ごたえのある作品をぜひご堪能いただければと思っております。

写真:(左から、高畑淳子、中越典子、田山涼成、藤井美菜、谷原章介)
(左から、高畑淳子、中越典子、田山涼成、藤井美菜、谷原章介)
写真:(左から、高畑淳子、谷原章介、津川雅彦)
(左から、高畑淳子、谷原章介、津川雅彦)
【物語は今週27日(金)放送回からいよいよ最終話に向けて佳境へ。衝撃の展開へ…!】

医療事故の原因究明と再発防止を目的として設立されたのが医療事故調査委員会、通称MAIC。MAIC7班の班長、華岡慧が医療ミスで“鉄仮面”こと遠山管理官(高畑淳子)の夫を殺していた!?華岡はMAICを辞め元の病院に復職。残された7班メンバーは佐和(中越典子)を新班長として潜入調査を開始する。慧の医療ミスはあったのか? MAIC設立の隠された理由とは!?
さらに、すい臓がんの権威・浅間(津川雅彦)が政府要人の鹿賀丸のオペをすることに。症例は遠山の夫と同じすい臓がん。第一助手はかつての後輩・碓井(水上剣星)、第二助手に慧。因縁の手術が始まる

おすすめドラマサイト