4

バナーマン城(アメリカ ニューヨーク州)

バナーマン城(アメリカ ニューヨーク州)

概要

1854年にスコットランドからアメリカに移住し、武器の転売で成功を収めたフランシス・バナーマン6世が1900年ハドソン川に浮かぶポリプル島を購入。

当時ブルックリンにあった店舗に火薬を置く事が危険だったため、1907年に自らがデザインした武器倉庫と住居の建設を始め家族とともにこの島で暮らした。

バナーマンの死から2年後の1920年に武器倉庫が爆発、その後無人島となったが1969年にも火災が発生しその大半が倒壊した。