「番組始まって以来 最大の発見!」鑑定士・中島誠之助も驚愕のお宝がスタジオに出現!!【開運!なんでも鑑定団】

2016.12.20
    「番組始まって以来 最大の発見!」鑑定士・中島誠之助も驚愕のお宝がスタジオに出現!!【開運!なんでも鑑定団】
    2016年12月20日(火)夜8時54分からテレビ東京で放送の「開運!なんでも鑑定団」で、番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます。

    それは、これまで世界に3点しか存在しないと言われていた幻の焼き物、“曜変天目茶碗”!

    鑑定中お宝をつぶさにチェックした鑑定士・中島誠之助は、「鑑定団始まって以来、最大の発見!」と断言。
    今まで存在しないとされていた4点目の曜変天目茶碗がスタジオに出現したことになります!

    骨董好きだった依頼人の曾祖父が、明治時代に戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて買い求めた大量の骨董のひとつ。
    入手した骨董のうち、ほとんどは昭和20年の大空襲で焼けて無くなってしまったものの、このお宝は郊外の資材置き場にしまいっぱなしになっていたため、無事でした。

    30歳の時譲りうけ、当時は興味がなく押入れにしまいっぱなしだった依頼人、最近気になって調べたところ、焼物として非常に価値の高い天目茶碗のようで、本当に価値があるのかどうか知りたくて、番組に鑑定を依頼しました。

    鑑定を担当した中島誠之助は大興奮!
    世にも珍しい“曜変天目茶碗”、国宝級の美しさをいち早くテレビで見られるチャンスです。
    お見逃しなく!そして、注目の鑑定額は?

    <天目茶碗(てんもくちゃわん) とは?>
    鎌倉時代、中国・浙江省(せっこうしょう)天目山で修行した日本の禅僧が、たびたび黒い茶碗を持ちかえったことが名前の由来。
    もともとは中国で焼かれた雑器だが、室町時代、その美に魅了された茶人たちの間で人気となった。
    その天目茶碗の中でいちばん珍重されているのは、窯の中で偶然うわぐすりが変化し、美しい文様を呈した曜変天目。
    文様は偶然の産物であり、再現するのは極めて困難とされている。
    現在、世界でも3点しか確認されておらず、そのいずれも国宝に指定されている。

    <番組プロデューサー コメント> 
    当番組では今まで様々な貴重なお宝を発掘してきました。

    坂本龍馬の手紙2通(4000万円)、巨匠レオナール・フジタが描いた「日本のモナ・リザ」と称賛された絵(3000万円)、日本最古の郵便物(3000万円)、マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億5千万円)などなど…。

    しかし今回はさらにすごい!これまで世界で3点しか発見されておらず、しかもそのいずれもが国宝に指定されている幻の焼き物「曜変天目茶碗」の4点目がスタジオに出現、鑑定士中島誠之助が番組22年の歴史の中でも「最大の発見」と大絶賛する様には思わず体が震えました。

    日本にはまだまだ本当にすごいお宝が眠っていて、それを紹介できることは当番組の最大の喜びでもあります。

    ぜひその喜びと興奮をお茶の間の皆様にも一緒に味わっていただきたいと思います!
    (テレビ東京制作局 岡田英吉)

    <<番組概要>>
    ■番組名

    開運!なんでも鑑定団

    ■出演者
    司会:今田耕司、福澤朗 アシスタント;片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
    ゲスト:神吉宏充 
    鑑定士軍団:中島誠之助、北原照久、安河内眞美、村山元春、根本寛

    ■放送日時
    2016年12月20日(火) 20:54~21:54

    ■番組内容
    <戦国武将の子孫から手に入れた「世にも美しいお宝」>
    明治時代、大の骨董好きだった曾祖父が戦国武将・三好長慶の子孫から手に入れたお宝”に衝撃の鑑定結果が…!

    <戦後直後に作られた貴重なお宝>
    腕利きのテーラーだった祖父が遺したのは、戦後間もないころに入手した、幻のお酒。祖父は1ケース入手したものの、1本だけ開けずにとっておいたという。

    ■番組公式HP
    http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/

    関連タグ