『美の巨人たち』「ハムレット」ヒロインの悲劇…その表情は恍惚?絶望?

2018.03.02
    『美の巨人たち』「ハムレット」ヒロインの悲劇…その表情は恍惚?絶望?
    美の巨人たち 『オフィーリア』流され沈みゆく「ハムレット」ヒロインの悲劇
    2018年3月3日(土)22:00~22:30

    生死の狭間で流れゆくシェイクスピア作品のヒロイン…その表情は恍惚?絶望?緻密な自然描写に隠された最大の暗喩、カギを握るコマドリとは?ミレイの恐ろしいまでの執念!

     オフィーリアとは、シェイクスピアの4大悲劇のひとつ「ハムレット」のヒロイン。縦76.2㎝横111.8㎝の油彩画に描かれた、むせ返るような緑の中で川に浮かぶ彼女は、夫ハムレットに欺かれ正気を失い、誤って川に落ち、死を迎えようとしています。そのまなざしは恍惚なのか絶望なのか…。圧倒的な自然描写にも驚かされます。

     作者は19世紀、イギリス画壇に革命をもたらした男、ジョン・エヴァレット・ミレイ。その非凡な才能から幼少の頃より「神童」と称えられ、わずか11歳でロイヤル・アカデミーの学生に。ミレイは、仲間たちと「ラファエル前派兄弟団」を結成し画壇に反旗を翻しますが、その作品は轟轟たる非難を浴びることに。その屈辱をバネに発表されたのが今回の作品でした。

     そんな『オフィーリア』が「描かれた場所」、彼女の周りにある植物に秘められた「示唆と暗喩」、どこかに描かれた「コマドリ」の意味をたどると、この作品がひと際輝き、神々しく見えてくるのです。

     なぜこの絵が美しいのか?ミレイは絵の主役をどう描いたのか?その恐ろしいまでの執念が明らかに!


    【ナレーター】
    小林薫
    神田沙也加

    【音楽】
    <オープニング&エンディングテーマ>
    辻井伸行

    【ホームページ】
    http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/