主演・池松壮亮 ドラマ25『宮本から君へ』に蒼井優、松山ケンイチらが登場!

2018.03.28
主演・池松壮亮 ドラマ25『宮本から君へ』に蒼井優、松山ケンイチらが登場!
テレビ東京は2018年4月クールに、90年代に多くの若者を魅了した新井英樹の名作漫画「宮本から君へ」をドラマ25(金曜日深夜0時52分~1時23分)枠にて放送します。主演を務めるのは、テレビ・映画と幅広く活躍する実力派俳優・池松壮亮。

華村あすか 初の芝居に「今出来る全てを出して正面からぶつかっていこう!」ドラマ25『宮本から君へ』

主演・池松に続き、松山ケンイチ、蒼井優のキャストが「宮本から君へ」に出演することが決定!

宮本に大きな影響を与える営業の先輩・神保和夫を松山ケンイチが演じます。神保の友人でデザイン会社勤務の中野靖子を蒼井優が演じます。

蒼井優(中野靖子 役)
神保の友人で一緒に会社を立ち上げる仲間の一人。飲み会の席で宮本と出会い意気投合する。




松山ケンイチ(神保和夫 役)
宮本の勤めるマルキタの先輩社員。人づきあいがうまく営業先でも人気者だが、独立するためマルキタを退職予定で、営業先を宮本に引き継ぐ。

<松山ケンイチ コメント>
自分の仕事に対する考えとは全く違う神保を演じる機会を得られて嬉しく思っています。自分にとって仕事とは何かを考える時間になりました。


【あらすじ】
大学を卒業して都内の文具メーカー・マルキタの営業マンになった宮本浩(池松壮亮)は、未熟で営業スマイルひとつできず、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいた。そんな宮本は通勤途中、代々木駅のホームで一目ぼれしたトヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子(華村あすか)に声をかけるタイミングを伺っていた。何度かチャンスはありながらもなかなか声をかけられずにいる宮本。同期の田島薫(柄本時生)にヤイヤイ言われながらも決死の思いで声をかけるが・・・。

そこから始まる甲田との恋模様、仕事での数々の人間模様の中で、宮本は自分の生き方を必死に見つけていく。

さらに物語は徐々に、社会の厳しさにもまれながら先輩の神保和夫(松山ケンイチ)や友人の中野靖子(蒼井優)らに助けられながら宮本がひとりの営業マンとして成長する様子を描くヒューマンストーリーとしても展開。新米サラリーマンのほろ苦く厳しい日常を描いた青春グラフィティー!


【番組概要】
番組名:ドラマ25「宮本から君へ」
放送日時:2018年4月6日放送スタート 毎週金曜深夜0時52分~1時23分
放送局:テレビ東京、テレビ大阪 ほか
原作:新井英樹「定本 宮本から君へ」1巻~4巻《太田出版》
主演:池松壮亮
出演:柄本時生、星田英利、華村あすか、新名基浩、古舘寛治、高橋和也、浅香航大、酒井敏也/蒼井優/松山ケンイチ
脚本:真利子哲也
監督:真利子哲也
主題歌 :「Easy Go」エレファントカシマシ(ユニバーサルシグマ)
エンディングテーマ:「革命」MOROHA(YAVAY YAYVA RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)
チーフプロデューサー:大和 健太郎(テレビ東京)
プロデューサー:藤野 慎也(テレビ東京)、清水 啓太郎(松竹撮影所)、加藤賢治(松竹撮影所)
制作:テレビ東京 / 松竹撮影所
製作著作:「宮本から君へ」製作委員会
番組HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/miyamoto_kimi/