テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年02月20日

小栗旬とムロツヨシが恋のライバルとして、女性を奪い合う!!「運命に翻弄された、4人の女たち・・・。」悲劇の渦に懸命に抗おうとする健気な姿に心打たれる!「二つの祖国」


テレビ東京では、2019年3月23日(土)、24日(日)ともに夜9時00分~11時24分にて2夜連続で、開局55周年を記念した大型特別番組として、テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」を放送致します。

この作品は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである、山崎豊子著『二つの祖国』を、民放で初めて映像化するものです。1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた日系アメリカ人二世たちの、愛と奇跡の青春群像劇を壮大なスケールで描きます。

主演は、テレビ東京ドラマ“初”主演となる小栗旬。日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治役を熱演します。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治(小栗)と、ムロツヨシ演じる、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。

数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じます。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見です。その他にも、松重豊、麻生祐未、原菜乃華、高良健吾、新田真剣佑の出演が決定したことは既報の通りですが…

このたびヒロインと、それを取り巻く豪華女性キャストが決定いたしました!

日系二世で、日本語新聞社「加州新報」での賢治(小栗)の同僚であり、懸命にその人生を生きた極めて純粋なヒロイン・井本梛子役は、映画やドラマで大活躍し、様々な役柄を巧みに演じる実力派女優の多部未華子

日系二世で賢治の妻であり梛子(多部)の友人・天羽エミー役を演じるのは、カメレオン女優として定評があり、現在放送中のドラマ24「フルーツ宅配便」でテレビ東京連続ドラマに初出演!わがままで奔放なエミーを体当たりで演じた、仲里依紗

梛子の妹・井本広子役を演じるのは、これまでのコメディ作品から一転、シリアスな演技に初めて挑むという池田エライザ。チャーリー(ムロ)の妹・小田万里子役を演じるのは、ドラマやバラエティーだけでなく、現在朝ドラに出演するなど女優としての活躍もめざましい橋本マナミ

激動の時代の中、戦争によって悲劇の渦に巻き込まれていく4人の女性。その残酷なまでの運命に抗おうとする彼女たちの、心打たれる健気さの先に待ち受ける運命とは…?

「二つの祖国」の狭間で、戦争という運命に翻弄されながらも、
決して諦めることなく家族の絆と信じた愛を貫き、
自らの祖国を探し求めた日系移民たちの怒涛の人生を、
壮大なスケールで描き出す大河巨編


日本人が移民としてアメリカへと海を渡ってから150年が過ぎる節目の2019年。「昭和・平成」という一つの時代が終わろうとする時だからこそ、日系二世の若者たちが自らのアイデンティティを求めて懸命に生き抜いた様を描くことで、私たちの国「日本」を改めて見つめ直す。見る者の魂を揺さぶる感動のヒューマン超大作をお楽しみに!!

<キャスト紹介>
井本梛子(なぎこ):多部未華子
日系二世で日本語新聞社「加州新報」での賢治の同僚であり、エミー(仲)とは学生時代からの友人。
<物語の中ではココがポイント>
賢治(小栗)とチャーリー(ムロ)、二人の友情と愛情の狭間で悩み続け、戦争の最大の被害者として、最愛の人との別れを余儀なくされる。


【多部未華子 コメント】
Q.『二つの祖国』民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.私の演じる梛子は極めて純粋な役柄で、梛子は日本寄りの考え方をしているので、日本人のような気持ちでいるのは確かなのだけれど、(日本とアメリカ)どちらのことも否定していないですし、でもすごく肯定しているわけでもない。きちんとみんなの気持ちを汲んでいるような気がします。

Q.日系二世という役どころですが、役作りで意識されたことはありますか。
A.わりとエミーがアメリカっぽい感じなので、私はそんなに(日系人ということを)意識していなかったです。梛子はもともと日本人寄りで、お母さんの育て方もきっとそうだったのであろう感じなので、してないと言えば嘘になりますが、そんなに意識はしませんでした。

Q.撮影でのエピソードや監督の印象があればお聞かせ下さい。
A.テストを何回も重ねて、安定してから本番に入るタイプではない、(タカハタ秀太)監督の洗礼を初日から受けて緊張しましたが、(カット割りをあまりしない撮影方法は)私はとても楽しいと思うタイプなので、その都度新鮮に、そして毎回自由に演じられました。

Q.今回小栗さんと初共演ですが、共演されてみていかがでしたか?
A.とてもフラットな方だと思います。先程の撮影も、テントの中でも外でもずっとあまり変わらないテンションでした。本番前に全然違うことを話したりします、シリアスな厳しいシーンもたくさん撮って来られているのだろうけど、そんな事を感じさせないくらい、いつも通り(笑)。

Q.最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。
A.監督は「これは青春の物語だ」ということをよくおっしゃっています。正直、哀しい物語だと思う部分もありましたが、その中でそれぞれの人生を生きる主人公たちの「若者の青春」の部分を大事に見て欲しいです。

天羽(あもう)エミー:仲里依紗
賢治の妻。賢治と同じ日系二世で、梛子の学生時代からの友人。
<物語の中ではココがポイント>
戦争によって賢治と離ればなれになり、残されたリトルトーキョーで残酷な事件に巻き込まれる。


【仲里依紗 コメント】
Q.『二つの祖国』民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.やはり大作ということで、お話をもらった時、最初に「そう簡単に挑めないな。私、大丈夫かな?出来るかな?」と感じました。難しいシビアなお話だし、ちょっと私にはまだ早いんじゃないかなと。まだ役者としての実績をそこまで積んでいないのに、そんなに簡単に出演していい作品なのかなと思いました。しかもそうそうたるメンバーの中で、結構エミーは出てくるので「大丈夫かな?」って。ストーリーの中で目立つ役なので、緊張とプレッシャーがありました。

Q.海外ロケでのエピソードや思い出があればお聞かせ下さい。
A.みなさんで海外へ行って、お食事も出来て、本当に地平線が見えそうなロケ地へも連れてっていただいて、日本では出来ない経験ができたので、すごくいい思い出になりました。あとみんなで英語のレッスンを一生懸命やりました!

Q.最初に台本を読んでのエミーという役の第一印象は?
A.わがままな人かなとは思ったんですけど、全面的にわがままを見せるとどうしても嫌われてしまうので、私も演じる上で視聴者にエミーという人をどうにか好きでいてもらえるようにやらないといけないなって。本当はすごく明るくてピュアでいい子。色々あってあのようなキャラクターになっているので、少し寂しさなどを見せて女性に共感してもらえるように、エミーをただ単に悪くしないようにしなきゃだめだなと思って演じました。

Q.エミーのファッションや髪型もみどころですが、そういう衣装をまとってエミーになってみていかがでしたか?
A.今まで派手な役はいっぱいやってきたんですけど、こういうエミーみたいな役は初めてだったので、すごくやりがいがあって楽しかったです。年ごとで衣装もヘアメイクも色々変えて頂いているので、そういうところでも(気持ちを)入れていけましたね。最初の頃のエミーは本当にプリプリして、シルバニアファミリーみたいな可愛い衣装だったんですけど、色使いがどんどんダークに…。寂しさを衣装とヘアメイクで出して頂いたので、すごくありがたかったです。お芝居をしながらこんなファッションも楽しめてすごく楽しかったです!

Q.今回小栗さんとテレビドラマでは初めて共演となります。夫婦役を演じられてみていかがでしたか?
A.まさか夫婦を演じるなんて思っていなかったです。(小栗さん演じる)賢治のたまに出てくるエミーへの優しさに救われて…だからエミーはしつこく諦めずしがみついているんだと思います。だって普通エミーみたいな子は他で遊んでしまう気がするんです。だけどそこだけはずっとちゃんとしてたじゃないですか。それだけ賢治にすごく魅力があるんだろうなと思いました。

Q.最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。
A.とても有名な大作で、若い子には「難しいのかな」と思われてしまうかもしれませんが、平成も終わりますし、日本の歴史でこういうことがあったということを、このドラマを通して若い人たちにも知っていただきたいです。日系二世のことは教科書にはあまり載っていないことなので、そういうことを知るきっかけになればいいなと感じています。

井本広子:池田エライザ
梛子の妹。梛子と共にマンザナール収容所へと送られる。
<物語の中ではココがポイント>
悲劇に見舞われた梛子を支え、梛子と賢治を繋ぎとめる役割を担う。


【池田エライザ コメント】
Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.当時のことを学ぶのはもちろんですが、多部未華子さんが演じる姉をよく観察して、日系二世の次女から見える世界や、妹として姉に抱く感情を大切にしたいと思いました。

Q.日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識された点などございますか?演じてみていかがでしたか?
A.日常の中にあるささやかな喜びや、静かで穏やかな会話の中に見え隠れする本音などに敏感であろう…と思いました。心が痛い時もありましたが、豊かなものに触れることができた瞬間もありました。

Q.撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。
A.初日にラストのシーンを撮ったので、とても緊張したのを覚えています。大丈夫かな。

Q.多部未華子さんと姉妹役として共演されていかがでしたか?
A.現場の空気を作ってくださる凛とした方です。本当の妹のように甘えてしまいました。たまに見せてくださる柔らかさに心を射抜かれていました。

Q.視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。
A.撮影裏でのキャスト、スタッフの表情を皆様にすべてお伝えしたいと思うほど、魂が紡がれた作品だと思っています。たくさん感じていただければ。私も楽しみにしております。

小田万里子:橋本マナミ
チャーリー田宮の妹。
<物語の中ではココがポイント>
戦争開戦時に日本にいた事により、人生が大きく変わった一人。兄であるチャーリーと運命の再会を果たす。


【橋本マナミ コメント】
Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.台本を読んで、日米二つの祖国の狭間で身を引き裂かれながら生きる人々の葛藤に心揺さぶられました。戦争というものがどれほど人々を傷つけどんな思いをしたか、この台本を読んだだけでも伝わってきて、みなさんにもその時代に生きた人々の生き様を忘れてはいけない、伝えていかなきゃいけないものと思い臨みました。

Q.日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識された点などございますか?演じてみていかがでしたか?
A.日系アメリカ人二世なのに、アメリカが落とす原爆の被害者になります。帰ってきたチャーリーにも複雑な思いがあったり、自分の人生でも婚約破棄など失ったものはたくさんあったけど、絶望だけではなく生き残った方には未来、希望なども含まれていると思い、様々な感情を巡らせながら演じれたらと思いました。チャーリーが帰ってきてからの万里子との再会はワンシーン、一瞬の出来事なのでとても難しい場面でしたが、お相手がムロさんということで安心して取り組めました。

Q.撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。
A.チャーリーが実家に帰ってくるシーンはとても風が強い日に撮影をしていて、スタッフの皆様はかなりの量の砂を被りながら撮影していました。私は砂からは守られていましたが、嵐を予感させるくらい風が強かったです。なかなか重いシーンだったので、おかげで気持ちが入りやすかったです。

Q.ムロツヨシさんと兄妹役として共演されていかがでしたか?
A.元々私がムロさんのファンでプライベートでは交流があったのですが、お仕事でがっつりご一緒するのは初めてだったので、好きな役者さんとお芝居させていただけることはとても光栄でした。

Q.視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。
A.私はドラマ「二つの祖国」に関わって改めて戦争について考えさせられました。視聴者の皆様にもこの作品を通じて戦争の悲惨さ、人々の生き様、そのほか色々な思いを感じ取っていただけたらと思います。

★ComingSoon★
まだまだこれでは終わらない!
次回、作品を彩るベテラン豪華キャスト陣
一気に発表!!どうぞご期待ください!


《あらすじ》
アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。

だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。

賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。
日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

《番組概要》
【番組名】テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」
【放送予定】2019年3月23日(土)、24日(日) ともに夜9時00分~11時24分2夜連続放送
【原作】山崎豊子『二つの祖国』(新潮文庫刊)
【脚本】長谷川康夫(「なぜ君は絶望と闘えたのか」「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」「柘榴坂の仇討」「起終点駅 ターミナル」)
【音楽】稲本響
【出演】小栗旬 多部未華子 仲里依紗 高良健吾 新田真剣佑 ムロツヨシ/池田エライザ 橋本マナミ 原菜乃華 麻生祐未 松重豊 ほか
【監督】タカハタ秀太 (「ホテルビーナス」「原宿デニール」「赤めだか」)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)藤尾隆(テレパック)河原瑶(テレパック)
【制作協力】テレパック
【製作著作】テレビ東京
【放送局】テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

【番組HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/
【Twitter】https://twitter.com/sokoku_tvtokyo

山崎豊子『二つの祖国』(全4巻、新潮文庫刊)

関連サイトはコチラ