テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年03月12日

お笑い界の超大物2人の共演が決定!!東京裁判で起きた逸話が蘇る!東條英機をビートたけし 大川周明を笑福亭鶴瓶が熱演!! 「二つの祖国」


テレビ東京では、3月23日(土)、24日(日)ともに夜9時00分~11時24分にて2夜連続で、開局55周年を記念した大型特別番組として、テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」を放送致します。この作品は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである、山崎豊子著『二つの祖国』を、民放で初めて映像化するものです。

そして本作は「平成最後の山崎豊子ドラマ」となります!1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた若者たちの、愛と奇跡の物語を豪華キャストで壮大なスケールで描くヒューマンドラマです。

主演は、テレビ東京ドラマ“初”主演となる小栗旬。日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治役を熱演します。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治(小栗)と、ムロツヨシ演じる、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。

数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じます。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見です。その他にも、超豪華俳優陣の共演が決定したことは既報の通りですが…

なんと、東京裁判での東條英機と大川周明を
俳優としても高い評価を得ている“お笑い界の超大物”が演じます!


陸軍軍人であり、戦後A級戦犯として起訴された元総理大臣・東條英機を演じるのは、芸人の顔を持つ一方、映画監督としても数々の作品を手掛け、役者としても数多くの話題作に出演、さらに「攻殻機動隊」『GHOST IN THE SHELL』(2017)などのハリウッド作品にも出演を果たしているビートたけし

テレビ東京のドラマでは、天才的破獄犯と闘う人情派看守・浦田進役を演じた『破獄』(2017)以来2度目の出演。実は、東條英機を演じるのも2度目となります。そして、東京裁判では唯一民間人としてA級戦犯として起訴されたが、のちに釈放される思想家・大川周明を演じるのは、テレビ東京のドラマ初出演となる笑福亭鶴瓶

落語家の顔を持つ一方、役者としても日本アカデミー賞など受賞歴多数。今年7月には映画『アルキメデスの大戦』、11月には映画『閉鎖病棟(仮題)』の公開を控えています。

ビートたけし&笑福亭鶴瓶 同じシーンでのドラマ共演は“初”


芸人としても俳優としても超大物の2人が、ドラマ後半の山場となる東京裁判に登場します。そして、ドラマの同じシーンで共演するのは、初めてとなります!
A級戦犯として起訴され、法廷で審理に臨む2人・・・、そしてここでは裁判中に大川が東條の頭を叩くという、衝撃のエピソードを忠実に再現したシーンも描かれます!鶴瓶がたけしの頭を叩くという注目のシーン!
どうぞ、お見逃しなく!!

「二つの祖国」の狭間で、戦争という運命に翻弄されながらも、
決して諦めることなく家族の絆と信じた愛を貫き、自らの祖国を探し求めた
日系移民たちの怒涛の人生を、壮大なスケールで描き出す大河巨編


日本人が移民としてアメリカへと海を渡ってから150年が過ぎる節目の2019年。「昭和・平成」という一つの時代が終わろうとする時だからこそ、日系二世の若者たちが自らのアイデンティティーを求めて懸命に生き抜いた様を描くことで、私たちの国「日本」を改めて見つめ直す。見る者の魂を揺さぶる感動のヒューマン超大作をお楽しみに!!

<キャスト紹介>

東條英機:ビートたけし

陸軍軍人、元総理大臣。戦後、A級戦犯として絞首刑に処せられる。

【ビートたけし コメント】
――以前も東條英機を演じられていますが、今回再び演じてみていかがでしたか?

東京裁判は何度も見てるシーンだから、ちょっとね、やりやすいんだかなんだか…あまりに現物を見てるから、「本当に似てるかな」とそっちのほうを考えちゃいました。あと「なに言ってるわかんない」と東條が怒るシーンも、きっと一般の人も印象に残ってるから、自分が似てないと言われるのはやだなと。似てるのも変だけど(笑)。

――鶴瓶師匠と豪華共演となりましたね。
頭叩くのが鶴瓶って聞いて笑っちゃったんだよ!コントじゃないかと(笑)。でも見事メイクで違う人になってたからよかった。このシーンはちょっと面白そうだね。


大川周明:笑福亭鶴瓶
思想家。東京裁判では唯一民間人としてA級戦犯として起訴されたが、のちに釈放される。

【笑福亭鶴瓶 コメント】
――大川周明を演じてみていかがでしたか?

たけしさんが完全に東條英機だから、こっちも完全に乗り移ってやろうかなと思ってやりました。(たけしさんの頭を叩くシーンは)大川周明やから叩けるんですよ!たけしさんは叩かれへん!でもお兄さん(たけしさん)喜んでましたよ、コントみたいって。一発パーン叩いて、えらい音がなったんですよ(笑)。

さらに!同じく東京裁判のシーンに登場する広田弘毅役リリー・フランキーから、
ビートたけし、笑福亭鶴瓶と共演してのコメントが到着しました!



広田弘毅:リリー・フランキー (3月1日(金) 出演情報解禁済)
【リリー・フランキー コメント】
――東京裁判のみのご出演ではありましたが、演じられていかがでしたか?
若い頃に映画で観た『東京裁判』と同じ場所にいるというのが…自分がまさか東京裁判にいるというのが不思議でした。たった1日(の撮影)でしたけど、同じ日にたけしさん、鶴瓶さんとご一緒できて、ちょっと二日酔いで来て体がだるかったんですけど、2人のヅラを見た瞬間に体が元気になりました(笑)。

実際にあった話なんですけど、あの2人でやると実話を越えちゃいますよね。でもみなさんすごくいいもの作られている、そういうエネルギーに満ちている現場だったので出来上がりが楽しみです。

<プロデューサーコメント>
【テレビ東京ドラマ制作部 田淵俊彦プロデューサー】
平成最後の山崎豊子ドラマ、それを彩る二人の重鎮

これまで数多くのベストセラー原作がドラマ化されてきた山崎豊子。中でもこの「二つの祖国」は「平成最後の山崎豊子ドラマ」になる。それだけに「なぜ今このドラマをやらなければならないのか」が大切だ。そんな思いに共感して頂いたのが、今回の二人の重鎮だった。

東條英機は東京裁判の鍵を握る重要人物だ。一国の元総理を戦犯として裁くその場に臨場することで、主人公の賢治は東京裁判の意味を再認識し、「勝者が敗者を裁く」理不尽さに気づいてゆく。そんな東條英機を表現できるのは、圧倒的な存在感を持つビートたけしさんしかいないと思った。私はドラマ「破獄」で俳優・ビートたけしの迫力を身に染みて知っている。

そして裁判で東條英機と相まみえる人物が大川周明である。今回のドラマでは、東條英機と大川周明の対決ともいえる実際のシーンを忠実に再現し、裁判の極度の緊張感を表現することにした。大川周明は裁判中に後ろから何度も東條英機の頭を叩くという奇行に出る。芝居とはいえ、たけしさんの頭を叩くことができる人物は一人しかいない。

そう確信し、笑福亭鶴瓶さんにオファーした。すると「そんなん、俺でも叩けんで!」とおっしゃりながらも「おもしろいこと考えるなぁ」と作品の意義に賛同して出演して頂けることになった。さすがは器が違う。二人とも即決に近い快諾であった。やると決まってからの二人の熱量には凄いものがあった。

たけしさんが完璧に「東條英機に似せた特殊メイクをする」とおっしゃれば、鶴瓶さんも負けじと「(わしも)やろう!」とかつらを発注。髪の毛がある人が無い人に、髪の毛が無い人がある人に(失礼!)。完璧なまでの「入れ替わり扮装」が実現した。

当日、それぞれの役衣装で防衛省内の敷地を歩く二人は「A級戦犯二人が防衛省の中を歩いちゃあ、やばいだろう!」といつものギャグトークが冴えわたる。それだけに、撮影は終始「笑いの渦」の中で行われるかと想像していた。だが、そうではなかった。

実際の東京裁判が行われた場所に忠実なセットが再現された現場は異常なまでの緊張感に包まれ、誰一人として笑い声を上げる者などいなかった。くしくもこちらの思惑通りとなった。心なしか、二人の大ベテランも緊張気味に見えた。監督の「ヨーイ、スタート!」という掛け声が響く。芸能界きっての重鎮二人が緊張して臨んだ「渾身のシーン」。必見である。

★ComingSoon★
いよいよ放送までカウントダウン!次回は
まさかのサプライズゲスト発表!ご期待ください!


《あらすじ》
アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。

職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。

だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。

賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。
日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

《番組概要》
【番組名】テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」
【放送予定】2019年3月23日(土)、24日(日) ともに夜9:00~11:24 2夜連続放送

【原作】山崎豊子『二つの祖国』(新潮文庫刊)
【脚本】長谷川康夫(「なぜ君は絶望と闘えたのか」「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」「柘榴坂の仇討」「起終点駅 ターミナル」)
【音楽】稲本響
【出演】小栗旬 多部未華子 仲里依紗 高良健吾 新田真剣佑 ムロツヨシ / 池田エライザ 橋本マナミ 原菜乃華
仲村トオル 田中哲司 柄本佑 甲本雅裕 リリー・フランキー 中村雅俊
余 貴美子 泉谷しげる 麻生祐未 松重豊
ビートたけし 笑福亭鶴瓶
【監督】タカハタ秀太(「ホテルビーナス」「原宿デニール」「赤めだか」)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)藤尾隆(テレパック)河原瑶(テレパック)
【制作協力】テレパック
【製作著作】テレビ東京
【放送局】テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

【番組HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/
【Twitter】https://twitter.com/sokoku_tvtokyo


山崎豊子『二つの祖国』(全4巻、新潮文庫刊)

関連サイトはコチラ