本作の音楽を蔦谷好位置の変名プロジェクトKERENMIが担当!さらに、主題歌として書き下ろした楽曲に大比良瑞希がゲストボーカルとして参加!「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」

2019.04.19
    本作の音楽を蔦谷好位置の変名プロジェクトKERENMIが担当!さらに、主題歌として書き下ろした楽曲に大比良瑞希がゲストボーカルとして参加!「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」
    テレビ東京の4月期毎週木曜深夜1時~1時30分の木ドラ25枠は、山下美月(乃木坂46)・萩原利久W主演『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』を放送いたします。原作は『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家、桂正和の代表作『電影少女』。

    昨年1月期に連続ドラマ化、当時乃木坂46の絶対的なエースだった西野七瀬が、初主演で“ビデオガール・天野アイ”を熱演し話題となりました。新シリーズとなる本作は、前作から一転し、“悪のビデオガール・神尾マイ”と、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。

    ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従うマイ。その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく、彼女の真の目的とは!?ダークファンタジーの新たなビデオガールの世界に、さらに彩りを加える音楽と主題歌が解禁!

    本作の音楽を、蔦谷好位置がKERENMI(ケレンミ)名義で担当することに決定いたしました!KERENMIとは、日本の音楽シーンを牽引するアーティスト/プロデューサーとして知られる蔦谷好位置が、トラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト。
    今回は本ドラマの音楽世界をトータルプロデュース。最新の音楽トレンドを取り入れつつサスペンスフルに物語を見せていく劇伴は圧巻です。

    そして主題歌は、サブスクシーンを中心に高感度な音楽リスナーを魅了する次世代型シンガーソングライター・大比良瑞希をゲストボーカルに起用。主人公のビデオガール・マイの切ない気持ちを、大比良が繊細かつソウルフルに歌い上げる、ドラマ本編と完全にシンクロした内容となっています。

    楽曲もキュートで妖しげな“Trap以降”を感じさせる最新型R&B。蔦谷と大比良の才能がぶつかり合ったキラーチューンがここに誕生!お楽しみに!!

    ■KERENMI:プロフィール


    YUKI、Superfly、ゆず、米津玄師、back numberなど多くのアーティストへ楽曲提供やプロデュースを手掛ける音楽プロデューサー・蔦谷好位置による、トラックメイカーとしての側面を強く打ち出した変名プロジェクト。

    これまでにOfficial髭男dismの藤原聡(Vo,Key)やSALU & Micheal Kanekoなどが参加した楽曲を配信限定でリリースしている。

    ■KERENMI (蔦谷好位置(つたやこういち)):コメント
    キュートで妖しげで、時代を交錯するような音楽でドラマを彩れたらと作曲しました。
    現代さらに未来の拡張現実を予見したような衝撃の作品に音楽で関われて光栄です。

    ■大比良瑞希(おおひらみずき):プロフィール
    東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー。
    2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。

    スモーキーな歌声と、エレキギターを爪引きながら歌うスタイルは、明るくも物憂げな唯一無二の世界観を包み込み、ソウルフルかつオルタナロックに、新時代の歌謡曲を紡ぐ。FUJI ROCK FESTIVALのほか、SUMMER SONIC、りんご音楽祭、音泉温楽などフェスへの出演も多数。

    歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を集めている。


    <第1話あらすじ>
    叶野健人(萩原利久)の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた…。ある日、健人の幼馴染だった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。

    その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥)は、放送室から『神尾マイ(山下美月)「元気を出して」』というVHSを発見する。ドラマ「電影少女」新シリーズ始動!

    予告映像はこちらよりご覧ください ⇒ https://youtu.be/RV-qRCXfjzw


    『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』は
    放送終了翌日よりAmazon Prime Videoで見逃し配信予定です。
    また、『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』はAmazon Prime Videoで絶賛配信中です。
    Amazon Prime VideoはAmazonプライム会員向けの映像配信サービスです。

    ■原作:桂正和 『電影少女』(集英社刊)


    高校生の弄内洋太は、自分が好きな相手が、自分の親友を好きなことを知り傷ついてしまう。そんなとき、不思議なレンタルビデオショップ「GOKURAKU」が目の前に…!

    そこで借りたビデオを再生するといきなり、美少女が画面から飛び出してきて…!『週刊少年ジャンプ』1989年51号より連載開始(あい編)、爆発的人気を誇る桂正和の代表作のひとつ。

    ※原作での“ビデオガール・あい、まい”はひらがな表記、ドラマでの“ビデオガール・アイ、マイ”はカタカナ表記で区別しています。

    ■番組概要
    番組名:木ドラ25『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』
    放送局:テレビ東京
    放送日時:2019年4月11日スタート 毎週木曜 深夜1時~1時30分
    BSテレ東放送日時:2019年4月16日スタート 毎週火曜 深夜0時~0時30分

    原作:桂正和『電影少女』<集英社文庫(コミック版)>
    出演:山下美月(乃木坂46) 萩原利久
    武田玲奈 / 柾木玲弥 黒木ひかり 新條由芽 甲斐翔真 大下ヒロト 久保田康祐 桃月なしこ
    三浦誠己 森岡龍 小松和重 / 岡田義徳 戸次重幸
    音楽:KERENMI(蔦谷好位置)
    音楽制作:agehasprings
    主題歌:KERENMI feat.大比良瑞希「からまる」(トイズファクトリー)
    脚本:喜安浩平 山田能龍 高野水登
    総監督:関和亮
    監督:真壁幸紀 湯浅弘章 山岸聖太 川井隼人
    チーフプロデューサー:大和健太郎(テレビ東京)
    プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京) 倉地雄大(テレビ東京) 巣立恭平(ROBOT)
    制作: テレビ東京 / ROBOT
    製作著作:『電影少女2019』製作委員会

    公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2019/
    公式Twitter:@videogirl2019 https://twitter.com/videogirl2019

    関連タグ