テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年05月09日

ムロツヨシを舎弟に!?昔気質のヤクザの組長を演じます!ムロツヨシ×古田新太の掛け合いにご期待ください!「Iターン」


現在放送中の「きのう何食べた?」がSNS等で反響をよんでいるテレビ東京「ドラマ24」枠(毎週金曜深夜0時12分)。7月クールは「Iターン」を放送いたします。

原作は、「侠飯」「すじぼり」などの作品が、多数映像化されている人気小説家・福澤徹三の同名小説。冴えないサラリーマン・狛江光雄に突如訪れた、ヤクザたちとのジェットコースターのような地獄の日々を描きます。

主人公・狛江をテレ東ドラマ初主演のムロツヨシが演じることは既報の通りですが、今回は、ムロとともにドラマを盛り上げるもう一人の主演を解禁いたします。

狛江(ムロツヨシ)を振り回す「岩切組」の組長・岩切猛役に、現在、他局でゲイで女装家の高校教師を演じ話題沸騰中の古田新太が決定!古田が演じる岩切は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方で、裏切り者には容赦がない昔気質のヤクザ。

狛江の左遷先・阿修羅市を牛耳るヤクザの親分です。狛江は、仕事で起こしたミスがきっかけで、無理やり岩切の舎弟に…!?サラリーマンとヤクザの二重生活を始めることになります。

岩切組での仕事は、狛江には戸惑いばかり…。電話の出方ひとつをとっても狛江が生きてきた世界とは違いすぎます。ケツ持ちしている店でトラブルが起きたら、もちろん狛江も駆けつけなければなりません!殴られたり、2階から逆さ吊りにされたりすることも…。

そんな日々を過ごすうちにいつの間にやら狛江と岩切の間にはバディのような空気感が…!?これまでにもヤクザ役を多く経験してきている古田が、今作でもド迫力の演技で魅せます。狛江と岩切の絶妙な掛け合いに、どうぞご期待ください!

<コメント>
■古田新太(岩切 猛役)
★ドラマ24の主演が決まったときの感想
スケジュールが空いていてよかったなと思いました。

★岩切という役について
岩切は、人情に厚い昔ながらのヤクザで、結構武闘派です。
今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います(笑)。

★共演のムロツヨシについて
ムロ(ツヨシ)は、いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい。

★視聴者の皆様へメッセージをお願いいたします
ムロくん演じる狛江が、オイラが演じる岩切と竜崎にどんどん追いつめられていきます。そんないじめられっ子のムロくんを楽しんでいただければ。いじめられる人によっていじめている側の見え方が変わってきますが、ムロくんはその才能が素晴らしいので、ぜひともいじめられているムロくんをみて、ゲラゲラ笑ってください。

■ムロツヨシ(狛江光雄役)からもコメントが届きました!
今回、古田さんと共演するにあたって僕からお願いしていたのは、殴るシーンで殴るふりはいらないということ。古田さんに殴られる狛江・ムロが、僕が視聴者だったらみたいと思ったので、思いっきりいってくださいとお伝えしました。

なんでそれをお願いしたかというと、古田さんって普段ぜんぜん褒めないんですけど、唯一褒められたことがあるのは、数年前の舞台で僕がよくぶたれるシーンがあって、お客さんも笑っていたんですよ。

そうしたら古田さんが、「普通あんなに年上の男が年下のお前を殴っていたら痛々しくて笑えないはずなのにお前は笑える。お前は殴られて笑われる、その才能はあるな」と。唯一褒められたのがそこでした。

ですから、ちゃんと共演したときにそこだけは活かそうと思って、監督には古田さんが僕を殴るシーンは結構いれてくださいとお願いしました。そこでみんなが面白くなってもらえればいいなと。みなさんにはまず、古田さんが殴るムロを楽しみにしていただきたいです。

二人の場面写真を初公開!



■監督・内田英治
出演者の続報が出ました。『Iターン』のもうひとりの主演は古田新太さんです。昔気質の極道の親分を演じております。ムロツヨシさんと話し合ったようで、のっけから素手でバンバンとビンタを張ります。殴られたムロさんは、バンバンふっ飛んでゆきます。

その度に現場では笑いが起き、レベルの高いビンタシーンになりました。古田さんはまるで昭和のスターのような破天荒なお方で、規則でがんじがらめの時代には、いささかはみ出ている役者さんです。しかし、ビンタのたびに「大丈夫?」と耳元で言うのも僕は見逃しません。

破天荒で、一方でとても優しい役者さんです。そんな古田さんが、時代からはみ出た親分を演じるのですから、面白くないわけがありません。古田さん演じる親分が、時代の先端をゆく広告マン(ムロさん)と出会い、いつしか相棒となってゆくドタバタコメディです。

『蒲田行進曲』や、『セーラー服と機関銃』のような80年代日本映画のイメージで本作に挑みました。古田さんと、ムロさん。最高に上手なふたりの俳優が、最上の喜劇にしてくれました。

【プロフィール】
監督・脚本 内田英治
ブラジル生まれ。英国人プロデューサー、アダム・トレル氏と組んだ『下衆の愛』と『獣道』の2作品は単館系にてスマッシュヒットを記録。世界50以上の映画祭で上映され注目される。問題作Netflixオリジナル『全裸監督』(主演 山田孝之)でも監督・脚本を手がけ、2019年配信予定。

■プロデューサー・山鹿達也
ムロツヨシさんを日本一不幸のどん底に落とす破壊力があり顔が怖い人は誰?二人の掛け合いが新鮮で面白い人は誰?と原作を読んでいたら、古田新太さんの顔が浮かびました。昔気質で人情に厚いヤクザの親分で、言葉より先に手が出るタイプ。中年オヤジの狛江と岩切の黄金コンビはムロさんと古田さんしかいないとお願いしました。

超売れっ子のお二人のスケジュールが合ってよかったです。現場ではムロさんと古田さんは、和気あいあいに仲良くじゃれていて…(笑)、二人の掛け合いにスタッフは大笑いしていました。そんなムロさんと古田さんの芝居を超えた(!?)掛け合いは、最高で最強です。

「令和」に変わった新時代、新しく変わる世の中で変わらない古き良さ、人と人の距離が近い「昭和」テイストな二人の濃密な関係は、逆に新しいと思います!ぜひご期待ください!

修羅の街を牛耳る二大ヤクザ…
岩切組と敵対する竜崎組の組長は誰!?
続報にご注目ください!!


<あらすじ>
中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社へ―。妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。

家のローンに、娘の進学…リストラされるわけにはいかない!馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。

そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が!
これが悪夢の始まりだった…。

怒り心頭の社長・竜崎が手にするのは狛江が担当したチラシ。そこにはとんでもないミスが!
しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。狛江は絶体絶命のピンチに陥る。

さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田新太)も怒鳴り込んでくる。岩切が激怒しているワケとは一体…!?
突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。家族のために働く冴えないサラリーマンの人生が一転、借金を抱え、身売りのピンチ。さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?

“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート!
不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!?

原作:福澤徹三
『Iターン』(文春文庫刊)



サラリーマン VS 最凶極道
広告代理店の冴えない営業マン・狛江が単身赴任したのは、リストラ対象の弱小支店。思わぬトラブルでヤクザに絡まれ、大借金のうえ身売りの大ピンチに。鉄拳の雨と禁断のレバ刺し、爆弾を抱えたダイ・ハードな日常。生き地獄に陥った男のI(=自分)ターンとは!? 血圧急上昇、リーマン・ノワールの傑作!
6月には、待望の続刊『Iターン2』が発売予定!!

<番組概要>
番組名:ドラマ24「Iターン」
放送時期:2019年7月クール
放送時間:毎週金曜深夜0時12分
放送局:テレビ東京系
(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)
※テレビ大阪のみ、翌週月曜 0時12分放送

原作:福澤徹三「Iターン」(文春文庫刊)
主演:ムロツヨシ 古田新太
脚本・監督:内田英治
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)、坂下哲也(AXON)、木下真梨子(テレビ東京)、岡宅真由美(アバンズゲート)
制作:テレビ東京 AXON
製作著作:「Iターン」製作委員会

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/
公式Twitter:@tx_Iturn

関連サイトはコチラ