テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年10月04日

クレーム殺到でタイトル変更!?異例!それでもレギュラー化決定 ユースケ「これはいい番組だと思った!…最低でも15年は続けような」「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」


10月4日(金)夜6時55分~ テレビ東京系で放送スタート!
テレビ東京では10月4日(金)夜6時55分から、新番組「先生、、、どこにいるんですか?~会って、感謝の言葉を伝えたい。~」初回2時間スぺシャルを放送します。

7月に一度、特番で放送したが、実は特番放送前からレギュラー化が決定していたという異例の新番組!MCの山里が「見るだけでやる気が出る。むちゃくちゃ名言が飛び出す。先生ってやっぱりすごいなと思いますよ」と興奮気味に話し、ユースケも「必ず学びがある」と太鼓判を押すほど、骨のある内容となっている。

記憶に残る先生、背中を押してくれた先生に、会って「ありがとう」と伝えたい。先生の居場所を知りたいと願う芸能人が、ガチで居場所を突き止める。もしもお亡くなりになっていれば、墓前に手を合わせて思いを伝えるという、今までの再会番組にはなかった初の“生存確認バラエティ”で、究極の人探しドキュメント。


冒頭、MCのユースケ・サンタマリアは番組タイトルに言及。「特番のときはタイトルが違った。『先生、、、生きてますか?』というタイトルでオンエアしたんですよ。そうしたらクレームがすごくて。年配の方から不謹慎だと」とタイトルが変わった経緯を暴露。レギュラー化に伴い、「先生、、、どこにいるんですか?」とタイトルを改め、スタートを切る。

初回のゲストは俳優の赤井英和、津田寛治、新保美喜。テレビの総力をあげて先生を探し出すのは簡単だが、この番組ではあえてそれをせず、会いたい先生を自分の力で探す。ゲスト自身が、地元の人や同級生などに聞きまわり、番組はそれをドキュメンタリーとして追いかける。

“感動ドキュメント”とは謳っているが、番組冒頭、VTRを見る前から、女優・新保美喜がハンカチを取り出し、まさかの涙。「こんなロケットスタート初めてだな」とMCの山里も戸惑うが、VTRを見て、ユースケ・サンタマリアは「これはいい番組だと思った!最低15年は続けような!」と初回からいきなり長寿番組宣言!

今後は芸能人だけでなく、一般の人からも会いたい先生を募る方針で、ネタ切れの心配もないとみた津田は「これは最低15年は続きますね。“人の数だけ恩師がいる”わけですからね」と名言を残した。

先生を探すだけなのに、数々の奇跡が起こる!先生がかけてくれたひと言やさりげない行動に、子どもたちのその後の人生を変える力があることを、改めて教えてくれる番組、ぜひご期待ください!


<赤井英和:悪ガキだった自分を見捨てないでいてくれた先生に会いたい!>
中学生のころ、手が付けられない悪ガキだったという元プロボクサーで俳優の赤井英和。しかし、当時新米教師だった美術の先生だけは、そんな赤井を見捨てずにいてくれたという。見た目から中身までカッコよく、赤井に心から向き合ってくれた先生。

先生がいなければボクシングと出会うこともなかったという。なぜ先生は自分を見捨てずにいてくれたのか…赤井は恩師を探しに地元・大阪へ。卒業から45年、果たして再会なるか!?

<津田寛治:集団行動が苦手だった自分に自信を与えてくれた先生に会いたい!>
小学生のころ、集団行動が苦手でいろんな先生に怒られていたという個性派俳優の津田寛治。「出来ていないのは君だけだよ」とよく注意されたと言い、自分に自信が持てなかった津田だが、先生の一言が津田の人生を変える。

図工の時間、みんなから「変な絵」と言われた津田の絵を、図工の先生は個性的だとほめてくれ、その良さをみんなに説明してくれたのだ。「人と同じことができない、ということが、実は“個性”なのだと教えてくれた。」といい、「生まれて初めて自分に自信が持てた」と語る。“個性派俳優”の人生の転換点とも言える先生との出会い。地元・福井を訪ねると、同級生から衝撃の事実を伝えられる。

<神保美喜:先生は海外に!?別れを告げられなかった先生に会いたい!>
中学生のころ、オーディション番組「スター誕生!」で抜擢され、急遽上京することになった女優の神保美喜。家族のような存在だった担任の先生に挨拶もせず、学校を去ってしまったことを今も後悔しているという。

あれから44年、お世話になった先生に会いたい。地元・佐世保の母校を訪ねると先生は、日本にいないことが判明…!わずかな手がかりを得て、神保は急遽、海外の貧民街に行くことに!果たして先生を探し出せるのか!?

≪MCコメント≫
Q 一番のみどころは?

ユースケ 感動もあるし、笑いもあるし。本当それぞれ、毎回同じ出会いはないんですよ。

山里 自分の先生ではないんですけども、(ゲストが)その先生から教わった言葉が、自分にも刺さってくる。(番組を)見ると、そういう風に頑張ればいいんだとか、もう一度ここから頑張れるなとかやる気が出る。見るだけでやる気が出るという、非常にいい番組じゃないかなと。

ユースケ 必ず学びがあるよね。

山里 ありますね。むちゃくちゃ名言飛び出しますから。先生ってやっぱりすごいなと思いますよ。

Q 収録の手ごたえは?

ユースケ 来てくれるゲストが普段あまりバラエティ番組に出ない役者の方で、その方が、自分の思い入れのあることだから、ベラベラしゃべってくれるんですよ、いいことを。

山里 バラエティでお会いできない役者さんが、先生と生徒という関係性になるからか、芸能人というよりも一人の人間として本音をバンバンしゃべってくれる、すごくいいですね。

ユースケ 普通のバラエティだったら黙っているような方が、自分の思い出だからどんどん自らしゃべってくれる珍しい番組だと思う。

Q 山里さんは特番のときに小学校時代の先生に会っている。しずちゃんはボクシングのトレーナーだった故・梅津正彦さんが恩師。ユースケさんは会いたい先生いますか。

ユースケ (特番のときに)僕は「いない」と言っちゃったんですよ。それだと今まで僕に関わった先生にケンカを売っているような感じでしょ。でも僕は、実はロケが嫌いなんですよ。

だから(会いたい先生はいないと)言っているだけで、好きだった先生もいるし。こう言っておかないと大分に帰れなくなっちゃうから。その辺はグレーな感じにしておこうかなと。スペシャルとかでやるかもしれない。

Q 最後に一言

ユースケ あの先生どうしてるかな?と思うこと、絶対あると思うんですよ。自分の学生時代、学生時代でなくても恩師と言える人、会いたいけど、かなりの時間会ってないなという人はいっぱいいると思うから。現実に会えるか、番組でドキュメンタリータッチで迫っていくという、ありそうでなかった番組ですので楽しめると思います。

山里 先生に会いたい、テレビに出ている人はそういう機会があっていいなと思っている方、ご安心ださい!あなたにもその先生に会う機会、会うチャンスをご用意させていただきますので。ご覧になっていただいて、会いたいなと思ったら、会いたい理由を書いて送っていただければ、あなたのお手伝いをさせていただく。

まあ、お手伝いをさせていただくと言っても、あなたがひたすら探すのを撮るだけ、でございますけども。(笑)ラストはしずちゃん!

しずちゃん その通り!

≪番組概要≫
【タイトル】「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」
(毎週金曜よる6時55分放送 初回2時間スペシャル)
【放送日時】2019年10月4日(金)夜6時55分~夜8時50分放送
【放送局】テレビ東京系列
【出演】MC ユースケ・サンタマリア、南海キャンディーズ(山里亮太、しずちゃん)
ゲスト 赤井英和、津田寛治、神保美喜
【プロデューサー】伊藤隆行