テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2020年02月07日

演歌の未来について徹底討論!!「武田鉄矢の昭和は輝いていた 演歌サミット ~どこへ行く魂の歌~2時間スペシャル」


BSテレ東では、2月14日(金)よる7時より「武田鉄矢の昭和は輝いていた 演歌サミット ~どこへ行く魂の歌~2時間スペシャル」を放送いたします。

歌謡曲の黄金時代と言われた昭和――その中核を担っていたのが演歌でした。
そこで今回のスペシャルでは、演歌道(えんかどう)を突き進む方々にお越しいただき、「演歌サミット」を開催!日本作曲家協会会長で、数多くの演歌の名曲を手掛けている弦哲也、歌手生活50年“演歌の女王”八代亜紀、『ふたり酒』をはじめ“しあわせ演歌”を歌い続ける川中美幸、確かな歌唱力で演歌の名曲を歌い継ぐ田川寿美という超豪華な顔ぶれでお送りします。

演歌道を極めるみなさんからどんな演歌論が飛び出すのか?どうぞお楽しみに!

【出演者のコメント】
■弦 哲也(作曲家)
「演歌」低迷と言われる中、日本人の心の歌「演歌」に対し出演者それぞれの思いを語って頂き、改めて作家の一人として今後の歌作りに希望が持てました。

昭和、平成、そして令和という時代に寄り添った歌の誕生を見守って下さい。


■八代亜紀(歌手)
「演歌サミット」という非常に面白いテーマで、大変盛り上がりました。

改めて「演歌」というものを振り返り考えることで、武田さんを始め、みなさんの演歌に対する思いを知ることが出来ました。
みんなで好き勝手に討論しております。是非、ご覧ください。



■川中美幸(歌手)
(見て欲しいところは)全部(笑)!令和の時代にもがんばれるんだっていう勇気を先輩方から頂きましたね。

先生(弦哲也)に頂いた作品の中には、ひとつの『ふたり酒』というドラマがあって、今回その裏の、ドラマみたいな深さも感じて。
これから『ふたり酒』を歌う時の気持ちがまた違ってくるんだろうなって…歌って深いなって改めて思いました。

今までみなさんが築かれた、何十年とがんばってこられた歩みにこういうドラマがあって、いつもみなさんに向けて笑ってらっしゃるけど、実はいろんなことを乗り越えての今なんだなと…私もがんばりたいと思います。

■田川寿美(歌手)
世代を超えて、それぞれの生きた時代背景と音楽の流通の仕方の違いというのをまざまざと感じることができて勉強になりました。

こうであってほしいなと思う今後の演歌の行方は、最後にお話させて頂いたように、やっぱり先々のヒントは過去の名曲にあると思っているので、私自身が感銘を受けた服部良一さんの新しいジャンルの挑戦とか、外国音楽を取り入れて日本のひとつのジャンルに生み出すという融合性に可能性があるのかなと個人的には感じています。
なので私もそれが表現できる歌い手として生き残れるように頑張ります!

統括プロデューサー・橋本かおり(BSテレ東 制作局)コメント
昭和の歌謡曲を牽引してきた”演歌”。CDの売り上げは、減ってきているが現状はどうなのか?
また、この先演歌の行く末は?などを4人でトークしていただきました。

コンサートでは年配の方々も盛り上がっているとおっしゃる八代亜紀さん、時代のスターを発掘していかなければならないと前向きな作曲家の弦哲也さん・・・など、4人のお話に花が咲き、弦さんのギター演奏で生歌を披露していただき、皆、酒場のごとく笑顔でしみじみ・・・これが演歌の有りようかとも思いました。
演歌歌手の熱い魂は、日本のあちこちに渦巻いていて、シニアのみならず、きっと若い方々にも伝播していくに違いない――と収録を終えての感想です。

番組内容
人々の心のふるさと“演歌”。昭和の時代、“演歌”は歌謡曲の中核として確固たる地位を築いていた。
圧倒的な歌唱力を誇る歌手が競い合い、歌謡史に残る数々の名曲が生まれた。

しかし、昭和から平成へ時代が移ると演歌に冬の時代が訪れた。
そして今、平成から令和へと時代はさらに変わろうとしている。

私たち日本人のソウルミュージックとも言える“演歌”は、これからどこへ行くのか。
今回番組では、演歌を担う作家と現役歌手、いわゆる“演歌の達人”をゲストに迎え、演歌の未来について徹底討論!
演歌の名曲とともに送る2時間スペシャル!!

番組概要
【番組名】「武田鉄矢の昭和は輝いていた 演歌サミット ~どこへ行く魂の歌~2時間スペシャル」
【放送日時】2020年2月14日(金) 夜7時~8時54分放送
【放送局】BSテレ東(BS7ch) BSテレ東4K(4K⑦ch) 全国無料放送
【司会】武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】弦 哲也(作曲家)、八代亜紀(歌手)、川中美幸(歌手)、田川寿美(歌手)
【番組HP】https://www.bs-tvtokyo.co.jp/showa/

関連サイトはコチラ