昭和を彩ったザ・ピーナッツの歴史・ヒット曲を振り返る3時間SP放送/武田鉄矢の昭和は輝いていた ザ・ピーナッツの真実 3時間スペシャル

2020.08.14
    昭和を彩ったザ・ピーナッツの歴史・ヒット曲を振り返る3時間SP放送/武田鉄矢の昭和は輝いていた ザ・ピーナッツの真実 3時間スペシャル
    BSテレ東では、8月21日(金)よる7時より「武田鉄矢の昭和は輝いていた ザ・ピーナッツの真実 3時間SP」を放送します。
    デビューした年にいきなり紅白歌合戦に出場した伊藤エミ・ユミによる双子デュオ、ザ・ピーナッツ。

    幼い頃から歌が好きで、合唱や日本舞踊を嗜みながら、美空ひばりのような歌手を目指していた2人がいかにしてデビューしたのか?
    そしてなぜデビューから16年、人気絶頂の中で電撃引退したのか…?

    ゲストにはその舞台裏をよく知る、ザ・ピーナッツとゆかりのある方々が登場。
    数多くの共演だけでなく、紅白出場の際の衣装をデザインしてもらったこともあるという伊東ゆかり

    ザ・ピーナッツと同じ渡辺プロダクションに所属し、引退後も2人と交流を続けていた中尾ミエ
    実際に共演や交流のあった2人が、当時の思い出や貴重なエピソードを語るだけでなく、ザ・ピーナッツの曲を熱唱します。

    さらにザ・ピーナッツを発掘した生みの親である作曲家・宮川泰を父に持ち、当時ザ・ピーナッツの2人が自宅へレッスンに来ていたという宮川彬良も登場。
    宮川泰が手掛けたザ・ピーナッツの大ヒット曲の作曲秘話を披露します。

    引退以来、表舞台に出ることはなかったザ・ピーナッツの、歌手以外の活躍にもスポットをあてていく3時間SP。
    昭和を彩った大ヒット曲の数々をぜひご堪能下さい!

    【出演者 収録を終えてのコメント】
    ■伊東ゆかり(歌手)

    いやーーー泣いちゃった。あの等身大の写真を見てて、「なんで逝っちゃったの?」って感じですね。
    もっといろんなことをお話ししたかったなぁって思います。

    でも今日の収録をピーナッツさんたちも上で見て、「ゆかり何言ってんの?」って…(笑)。
    日出ちゃん(伊藤エミさんの本名)によく「ゆかり、ゆかり」って言ってくれたのを思い出しました。日出ちゃんに会いたい!

    ※補足:伊藤エミさんの本名は日出代(ひでよ)さん、ユミさんの本名は月子(つきこ)さんです。

    ■中尾ミエ(歌手・女優)
    久しぶりにピーナッツのことを思い出して、まさか泣けてくるとは思いませんでした(笑)。
    思わず最後は涙してしまいましたけれど、つくづくいい時代に活躍したなと思って。

    そういう意味ではうらやましく思っていますし、音楽っていうのは何年経っても色あせないものなんだなと思いました。
    本当にたくさんのいい曲を残してくれて、我々にとっても財産になるんですけど、伊東ゆかりと私でピーナッツの歌はちゃんと受け継いでいきますので、また誰かがこれを引き継いで歌ってくれたらいいなと思っています。
    今日は本当に楽しい番組をありがとうございました。

    ■宮川彬良(作曲家・編曲家)
    個人的には武田さんにお会いするのがすごく楽しみで。僕ちょうどトシちゃん(田原俊彦)と同い年で(笑)、『金八先生』からずーーっと憧れの人だったので夢が叶いました!

    あとやっぱり自分の知らない面の話が、特にミエさんとゆかりさんという一番そばで見てた人たちから聞けました。
    今まで自分が見ていたポジションと全然別の視点からだったんで…台本もずいぶん綿密に書かれているのに、そこに書かれてないことが聞けたなっていう。

    (このメンバーが)揃ってやらないとできないことですよね。「これ言っちゃっていいのかしら…」なんて言いながらミエさんがポロっとおっしゃってくださったり、そういうことが非常に貴重でしたね。
    まさにピーナッツと触れたような感じでした。え?3時間も喋ってたんですか?すごいねぇ…間延びだけが心配ですけど(笑)

    <統括プロデューサー・橋本かおり(BSテレ東 制作局)コメント>
    奇跡のハーモニー、ザ・ピーナッツ。当時お茶の間の全世代が、彼女らがテレビで歌うのを楽しみにしていた。
    番組では、実は音楽のプロたちが、挑戦とも言える色々な技術で曲を作り、彼女たちはそれを見事に歌いこなすという音楽スクラムで、新しい香りのヒット曲を量産していったのだということをあぶり出します。

    16年にわたる歌唱にピリオドを打った本当の理由はなんだったのか…その糸口もほどきます。
    3時間、20曲、たっぷりとお楽しみください。


    <番組内容>
    テレビの黎明期を席巻し、昭和の歌謡界を駆け抜けた双子のデュオ、「ザ・ピーナッツ」。
    その絶妙なハーモニーは、私たちの記憶に深く刻まれている。今回は、そんな彼女たちの魅力に迫るスペシャル版!!

    シングル・アルバム合わせ1000万枚以上を売り上げ、デビューから引退まで16年連続で紅白歌合戦にも出場。
    歌だけでなくバラエティ番組の「シャボン玉ホリデー」や映画「モスラ」など多方面で大活躍した。

    その人気は、日本国内にとどまらず海外にも進出。その魅力は、大反響を呼んだ。そんな彼女たちの生みの親が、作曲家・宮川泰。
    「恋のフーガ」や「ふりむかないで」などザ・ピーナッツが歌うほとんどの曲を手掛けた。

    今回、ゲストには宮川泰の息子で幼い頃からザ・ピーナッツを間近に見ていた宮川彬良を迎え、彼女たちの素顔や、父の作曲テクニックを語る。
    また、ザ・ピーナッツと同じ事務所で共に過ごした、中尾ミエ、伊東ゆかりが数々の想い出とエピソード、人気絶頂にして突然引退した真実を語る。

    伊東ゆかり、号泣!中尾ミエの涙の訳とは!?永久保存版!!ザ・ピーナッツの魅力と唯一無二のハーモニーを貴重映像とともに3時間たっぷりとお送りする。


    <番組概要>
    【番組名】「武田鉄矢の昭和は輝いていた ザ・ピーナッツの真実 3時間スペシャル」
    【放送日時】2020年8月21日(金)夜7時~9時54分放送
    【放送局】BSテレ東(BS7ch) BSテレ東4K(4K⑦ch) 全国無料放送
    【司会】武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)
    【ゲスト】伊東ゆかり、中尾ミエ、宮川彬良
    【番組HP】https://www.bs-tvtokyo.co.jp/showa/