開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2012年4月17日放送

山下清のペン画

鑑定依頼人曽禰寛純さん
鑑定士 永井龍之介
ジャンル 西洋画・彫刻
本人評価額¥ 1,060,000
エピソード計測機器と制御システムの大手メーカー、azbil株式会社代表取締役社長、曽禰寛純さん。実はこの4月に社名を変更したばかり。前身は山武といい1906年創業。当初は欧米の工作機械の輸入商社で、その後 工作機械と計器の製造を開始。
現在は、主にビルの空調システムや、工場とプラントのオートーメーションシステムを開発している。従業員数は5000人を超え、特にビルの空調システムにおいては、国内の70%のシェアを誇る。50年程前、ある画家が蒲田の工場をふらりと訪れた。
当時会社が東海道線沿線にあり、宣伝も兼ねて屋根には巨大な温度計が置かれていたのだが、この温度計が気になって工場にやって来たらしい。
数日後、お礼として頂いたのが今回のお宝。以来、社長室に大切に飾ってある。
シェアする

鑑定士総評

フェルトペンで描いた作品。強弱や濃淡、陰影がつけにくい難しい画材だが、山下は好んで使った。こうした建物を描く場合、全体の完成図をイメージして描くことが多いが、山下は端の方から積み上げるようにして描く。建物の構造だけを描くと言うと冷たい絵になる事が多いが、依頼品はどことなくぬくもりを感じる。そこで人が活動していると言う事も含めて表現しており、なかなかできることではない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2012年4月17日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト