開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2012年12月25日放送

新古今和歌集の写本

鑑定依頼人角田和之さん
鑑定士 増田孝
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 4,000,000
エピソード角田家はかつて代々神職をつとめた家系。3代前の先祖・忠行さんは幕末勤王の志士として活躍し、熱田神宮の神職もつとめた。島崎藤村の「夜明け前」にも忠行さんをモデルとした人物が重要な場面で登場する。家には交流のあった山岡鉄舟、井上馨、前原一誠ら錚々たる人物との書簡や学問書が何千と残されている。
お宝は30年前、蔵を整理した際に出てきたもの。おそらく忠行さんが入手したものと思われるが、中でも一番古く室町時代のものと言われており、価値があるのではないかと期待している。
シェアする

鑑定士総評

室町時代の新古今和歌集の写本に間違いない。書かれたのは500年ほど前で、非常に手なれた綺麗な筆跡。保存状態も比較的良い。新古今和歌集は漢文で書かれた「真名序」が冒頭、次に「仮名序」、そして巻第一から巻第二十まで約1900首が並ぶ。ところが依頼品は順序が変わっており、最後に「真名序」がきている。おそらく古今和歌集に倣って位置を変えたのではないか。それぞれの本の最後に室町時代の連歌師・牡丹花肖柏の名が入ったメモが貼られているが、肖柏の筆跡ではない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2012年12月25日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト