開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2014年11月25日放送

名取春仙の版画24点

鑑定依頼人平山忠さん
鑑定士 渡邊章一郎
ジャンル 浮世絵・版画
本人評価額¥ 2,000,000
エピソード依頼人は水森かおりさん、田川寿美さん、花咲ゆき美さんの大ファン。3人のファンクラブに入っており、コンサートにも欠かさず足を運んでいる。お宝は40~50代の頃熱心に集めたもの。作者は地元山梨の出身だが、自分が集め始めた頃にはあまり有名ではなく安かった。そのため小遣いを貯めてはコツコツと買っていた。しかし、最近では追っかけの方が楽しいため、このお宝を売却し、そちらへお金を回したいと思っている。
シェアする

鑑定士総評

名取春仙の作品に間違いない。「渡辺工」と書かれているのは、版元の渡邊正三郎のもとで出版されたことを表す。依頼品はコンディションがとてもよく、色が非常にきれいに残っている。全身像の絵は少し安く、大首絵の方が高い。「初代中村吉右衛門 光秀」は本能寺の変を起こそうと決断する瞬間の絵。ほかに「二代目市川左団次 鳴神」「二代目中村芝鶴 静御前」「五代目中村福助 おはん」「六代目尾上菊五郎 早野勘平」「大河内伝次郎 丹家左膳」あたりが高い。特に丹下左膳」はシリーズからちょっと外れる作品で、一年前に大きな日本画として展覧会に出品したものが評判になったため、版画として作り直したもの。「駐日ドイツ大使ヴィルヘルム・ゾルフ」は本人からの注文だったのではないか。大変な珍品。名取春仙はもともと外国で評判が高く、1930年にはアメリカオハイオ州トレドの美術館で展覧会が行われたほど。日本でもそろそろ正当な評価が得られる作家だと思われる。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2014年11月25日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト