開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2015年10月20日放送

焼物4点

鑑定依頼人中嶋長利さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額¥ 4,000,000
エピソード骨董収集歴20年。コレクション数は100点以上にのぼるが、あくまで「良い品を安く」がモットーで、かなり勉強を積んだため持っているのは良い物ばかりと自信満々!そんな中で唯一大金を出したのが今回のお宝。実は3年前、定年を迎えたのを期に退職金で高級車を買う予定であった。しかしそんな時、知人のコレクターから「骨董を処分するので何か買わないか?どれでも1点100万円。例え1000万円の物でもその値でよい」と言われた。かねてよりその方は名品を持っていると思っていたため、それまで磨いた鑑識眼を使い数百点の中から4点を選び高級車用のお金を使い購入してしまった。本当に自分の目が正しかったのか確かめたい!
シェアする

鑑定士総評

ひどい偽物。まず唐三彩だが、本物はもっと華やかなもの。白い釉薬をかけ、その上に緑と茶の釉薬をかけて三彩を表している。依頼品は下地が荒い砂の手でそれが見えており、それだけで偽物とわかる。汝窯といわれている依頼品は汝窯のものではない。本歌は“向い獅子の香炉”といって、明時代に浙江省の龍泉窯で作られた青磁。依頼品はその偽物。哥窯は何となく哀愁をたたえた黒ずんだ青磁。依頼品のようにきらきらはしていない。そして朝鮮王朝の壺だが、品位というもの、そして日本人好みの俳句のような深い感覚といったものがなければならない。依頼品はその点ただの壺。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2015年10月20日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト