開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2016年8月9日放送

山田真山の屏風

鑑定依頼人渡邊務さん
鑑定士 安河内眞美
ジャンル 日本画
本人評価額¥ 3,000,000
エピソード91歳で一人暮らし。家事はすべて自分でやっている。日々の楽しみは、愛犬と一緒に夕食を食べること。お宝は、刺繍で財を成した父が遺したもの。80数年前、家の近くにひとりの画家が住んでいた。刺繍工場を営み、絵に興味のあった父はその画家と親しくなり、ある日、絵を注文し金を払った。しかし、いつまで経っても完成しないため様子を見に行くと、ちょうど今回のお宝が完成したところだった。画家は「別の人に頼まれた絵だから渡せない」と言ったが、父は強引に持ち帰ってきたらしい。相続で娘たちが揉めないよう、価値を確かめたい。
シェアする

鑑定士総評

素晴らしい山田真山の代表作。戦前の作品はあまり残っておらず、しかもこの大作。七人の賢人が竹林で政談をするという一種の理想郷を描いている。絹地の裏から金を貼る「裏箔」という技法をとることによって、絹の間から金が輝き、非常に品格の高い雰囲気を作っている。顔の表情が非常にきれいな線で、奥の方に竹林を描くことで全体的に広がりを感じさせる、大変素晴らしい構成力。どこをとってもきれいな線が感じられる、立派な作品。印が二つあるが、上の印に「宇宙即我」とあるのは初めて見た。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2016年8月9日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト