開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年12月4日放送

懐中時計

鑑定依頼人谷恵吾さん
鑑定士 川瀬友和
ジャンル 時計
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード海の近くに住み、毎日1時間程ウォーキングするのが日課。その際、必ずビデオカメラを持って行き、好きな船が通ると撮影して、自宅で何度も見返している。お宝は、時計店を営んでいた父が手に入れたもの。昭和25年頃、ある有名ホテルチェーンの創業者の秘書だったという人が、お金に換えたいと持ってきたので、父が買い手を探したが結局見つからなかった。しかし、このまま金を鋳潰してしまうことになるのは勿体ないと、父が5万円で買い取った。亡くなるまでとても大事にしていたので、今どれくらい価値があるのか知りたい。
シェアする

鑑定士総評

100年ほど前、イギリス・ロンドンで作られたサー・ジョン・ベネットのミニッツリピーター、スプリットセコンドクロノグラフのポケットウォッチ。ミニッツリピーターとスプリットセコンドのクロノグラフという2つの複雑な機能を兼ね備えた時計は当時最高級のもので、普通の人が買えるものではなかった。裏蓋の内側の中央にホールマークというスタンプがいくつかついている。それと機械のレイアウトで年代がわかる。18金ケースなので、長年使うと角が擦り減ったり、竜頭のギザギザがなくなってしまったり、ヒンジがガタついたりする。文字盤は、当時は(カット)ポーセリンダイヤルといって普通に使っていてもヒビが入ったり欠けてしまったりする。依頼品は素晴らしいコンディションをキープしている。風防がないからといって時計の価値が大きく左右されるものではない。ただ、懐中時計は腕時計と比べて人気がない。本来ならもっと評価が高くてもよいがなかなか価値が上がらないのが現状。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年12月4日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト