開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2019年1月22日放送

徳川家康の書状

鑑定依頼人藤本美由紀さん
鑑定士 増田孝
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 2,000,000
エピソード3年前に念願のマイホームを購入、仕事に家事、4歳の息子の子育てと充実した毎日を送っている。しかし現在、頭を悩ませているのが福岡で父が営む料亭「てら岡」の後継者問題。てら岡は中洲屈指の有名店でフグ料理が大人気。そのため父からは事あるごとに店を継ぐよう頼まれているが、今の生活もあるため困っている。実は父はかなりの骨董好きで、2年前に店を新築した際、自慢の骨董品をお客さんに見てもらえるよう店内に展示スペースを作ってしまった程。そこで後継者問題に決着をつけるべく、父が一番大事にしているお宝を鑑定し、本物ならば父の希望通り料亭を継ぐが、偽物ならばキッパリ諦めてもらおうと思っている。
シェアする

鑑定士総評

本物。全て家康の自筆。非常に簡略な手紙だが、戦国武将としては標準的な形。途中で使者が手紙を紛失したり、盗られたりすると一大事なので、詳しく書かない。十月廿三日という日付は1570年、志賀の陣というのがあり家康28歳の時。まだ右筆を置くような身分ではない。よく見るとそれほど上手というわけではない。これより20数年後に和歌を書いた懐紙が残っており、それには個性が豊かに表れている。依頼品はまだ個性が表れてない。線の引き方が単調で抑揚の乏しい書を書いている。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2019年1月22日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト