開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2019年10月22日放送

片岡球子の富士図

鑑定依頼人北村恵子さん
鑑定士 山村浩一
ジャンル 西洋画・彫刻
本人評価額¥ 5,000,000
エピソード絵が好きで集めている。町中で偶然見かけたときの直感を大事にしていて、最初から特定の画家の絵を買いに出かけたり、ネットで買ったりはしない。ただ夫や娘からは審美眼を全く信用されておらず、いつか見返したいと思っていた。お宝は10数年前、太宰府天満宮の骨董市で見つけたもの。元々その画家が好きだったので、一見稚拙だがすごいものだと分かった。骨董商に値段を尋ねると50万円で、主婦にとっては大金だったがすぐさまATMに駆け込み、へそくりをおろして購入した。掘り出し物を安く手に入れられたに違いないと期待している。
シェアする

鑑定士総評

贋作。片岡は日本を代表する女流作家で文化勲章も受章している。人気が高いため偽物も多い。実は依頼品と同じ構図の本物がある。タイトルが「初冠雪の富士の山(1975)」。片岡70歳の時の作品で、日本画の顔料である岩絵具で描かれているが、これは油絵具で描かれている。細部で特に違うのは手前の木々の葉を表す模様。紅葉の部分など本物は細かく丁寧に描かれているが、依頼品は雑。片岡は富士の裾野に木々を描くが、それは富士に着物を着せる意味合い。富士を描くことを60歳ぐらいから始め、40年近くライフワークとしてきたため、描かせてくれることに対する敬意や感謝の念からくる装飾でここをおろそかにすることはありえない。本物なら1500万円ぐらい。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2019年10月22日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト