開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2021年2月16日放送

端石の太史硯

鑑定依頼人山口浩之さん
鑑定士 楠文夫
ジャンル 硯と墨・文房具
本人評価額¥ 2,000,000
エピソード最近、テレビの通販番組を見て、20万円のマッサージ機を衝動買いしてしまった。実は去年、父が亡くなり遺産が入ったので買ったが、家族には一切相談しなかったため文句を言われている。毎晩、寝る前にタイマーをかけて使っているが、気持ち良すぎてそのまま寝込んでしまい、気付いたら深夜3時というのを繰り返してしまっている。お宝は、祖父が遺した物。祖父は書道を嗜み、書道道具も収集していた。このお宝はその中でも一番自慢していた物で、小学生の頃に見せてもらった際、パイプオルガンのような形をしていて格好いいと思った。それから10数年後、祖父が亡くなり形見分けをする際、伯母がその時のことを覚えていてくれて、これを譲ってくれた。以来、どの位価値があるのかずっと気になっている。
シェアする

鑑定士総評

見事な太史硯。中国・明の時代、最上級の素材、灰蒼色の端石で作られている。縦、横、高さの比率がとれている。特に墨が入る池の形が硯の良否を決める大事な部分だが見事。28個の眼が出ている。宇宙全体の星がこの中で輝き渡っているという実にスケールの大きな硯。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2021年2月16日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト