ストーリー

  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~ 第7話 シーン1
  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~ 第7話 シーン2

3月1日(金)放送 最終話

持ち主不明の盗難品「古い懐中時計」に鬼塚一路(北大路欣也)の血液指紋がついていた。時計の持ち主は、「早稲田通り魔事件」の被害者で、失踪中の森千夏(森矢カンナ)だと判明する。そこに、司法係の前任者で、突然警察官を辞職した青木元(石井正則)の遺体が新宿駅西口で発見されたと通報が入る。
青木は失踪した千夏を訪ねていたことが分かり…。
過去の事件と青木の死は、「迷宮」と評される新宿駅のように入り組んでいて!?

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧