放送バックナンバー

テーマ
ゴッドハンドが伝授!肩こり&首痛解消術
ゲスト

■ ゲスト・・・三田佳子
・紹介した本『三田さんの謎』(幻冬舎刊)

・舞台『かたき同士』
公演期間:2013年2月3日~2月28日
公演場所:明治座
問合せ:明治座チケットセンター 03-3666-6666

■専門家・・・酒井慎太郎 
さかい保健接骨院の院長。「平成のゴッドハンド」とも呼ばれ
腰痛を中心とした多くの患者の悩みを解消してきた。
さかい保健整骨院
住所:東京都北区王子5-2-2-116
問合せ先:03-3912-5411

放送内容

■ストレートネックについて
★ストレートネックとは本来首の骨にあるカーブが
日常生活の前かがみの姿勢により失われ、首の骨がまっすぐになってしまうこと。
★腰痛・または肩と首のトラブルを解決するには、
ストレートネックを治すのが一番重要!
★首の骨がまっすぐになると頭の負担が直接かかり、
肩や首の痛みに繋がってしまう。
★さらに、手のしびれ・頭痛・めまい吐き気・イライラ感なども併発。

■ストレートネックを治すには
★「顎をひいて」姿勢を正しくすることを意識する。
★枕をとって仰向けに寝る

 

■仙腸関節とは
★骨盤にあり、肩こりや首の痛みの一つのカギとなる。
★仙腸関節は前後数ミリ程度動くことで体のバランスを補う重要な役目を持っている
★ 仙腸関節の動きが悪くなると体全体のバランスが悪くなり、
腰痛などのさまざまな原因となる。
★脊椎を支えている仙骨と周りにある腸骨のつなぎ目の部分。
★そのつなぎ目にある数ミリの遊びがクッション効果を生んでいる。
★背骨の土台である仙腸関節が固くなると、「首」や「肩」に影響が!

■ 自宅でできる仙腸関節の改善法
(1) 2つのテニスボールをガムテープなどでしっかり固定。
(2) 尾骨の部分にガイドとなるテニスボールをあて、その上に先ほどつなげた2つのテニスボールを置けば。ここが仙腸関節の場所
(3) (1)のテニスボールを仙腸関節の部分にあてた状態で、
枕なしで1~3分仰向けになる。
(4) これを一日2回行うとよい
◎ これをやると仙腸関節の動きが良くなり、首や肩にかかる負担が軽減される。

■ 肩こり・首の痛みを予防するとっておきのウォーキング法
(1)まずは正しい姿勢をとる
(2)1歩前へ出した足は、かかとから着地
(3)前に出した足と後ろの足の真ん中に体の軸がくるように意識。
(4)背筋を伸ばしてあごを引き、目線はまっすぐ。
(5)後ろ脚の膝関節がまっすぐ伸びていることが重要。
(6)腕は90度に曲げて、大きく振る!
◎自然と顎が引き、正しい姿勢で歩くことができる。
◎1日5分でOK!

■ 正しい座り方講座
(1)膝が直角になる高さがベスト
(2)椅子に深く座り、アゴを引く
(3)腰を直角にするように意識する
(背もたれに背中がつかない)

 

■L4あったかスポット
『夢の島熱帯植物館』
開 館 時 間:午前9時30分~午後5時(入館は4時までとなります)
休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌日) 12月29日~1月3日
住所:〒136-0081江東区夢の島2-1-2
お問い合せ:03-3522-0281

ネットもテレ東