放送バックナンバー

テーマ
今すぐ始める!カンタン血管若返り術!!
ゲスト

■ゲスト・・・李麗仙


■専門家・・・椎名一紀
東京医科大学循環器内科 助教授
<認定資格> 
日本内科学会認定内科医 
日本高血圧学会認定専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
本循環器学会日本心臓病学会日本睡眠学会
日本心血管インターベンション学会循環器内科について研究をしている
チョコレートには、高血圧の予防・改善効果があるという研究をしている
<専門分野>
高血圧 動脈硬化 睡眠呼吸障害

放送内容

■血管を若返らせる、驚異の(秘)テクニックを特集
今までは一度老化した血管は元に戻らないといわれてきたが、 実は血管を若返らせることはできる。


■血管が老化すると
動脈硬化が始まり脳梗塞や心筋梗塞など様々な病気を発症する


■血管が若返るのか
今までは一度老化した血管は戻らないと言われていたが、老化した血管を若返らせることは、ある程度可能。


■血管年齢測定器の説明
指先の脈波を計測し、血管の老化度を簡易的に診断する。
実年齢より血管年齢が上の人は血管の老化が進んでいる可能性がある。


■血管の老化の最大の敵
肥満。最近メタボ気味だという方は要注意
いつも「おなか一杯にご飯を食べてる人」は血管年齢が高い可能性があるので気を付けるべき。


■最新医療機器FMD検査
横になった状態で5分間、腕を圧迫する。
圧迫を開放した後、血管がどれくらい広がったかを測定し、血管のしなやかさを検査するというもの


■しなやかな血管
血管は圧迫を開放したあと広がりやすく、血管自体が柔らかい状態


■硬い血管
血管は圧迫を開放したあと、広がらず硬くなっていた。これは血管内にプラークが溜まる
動脈硬化の一歩手前


■対処法
これらの検査は早期の動脈硬化の検査になるので実際に、どこかに臓器に障害が起きたわけではない。まだ血管が若返る可能性はある


■血管を若返らせるための3つのヒント 
1)ストレッチ
血管年齢が高かった人たちには体が硬いという共通点があった
筋肉の周辺には血管がたくさんあり、血管が硬くなるのと比例して体も硬くなる
ストレッチをすると、筋肉が柔らかくなりその部分の血管が柔らかくなる

2)チョコレート
チョコレートに多く含まれるポリフェノールの一種
エピカテキンが血管の若返りに良いと言われている。
エピカテキンは赤ワイン・緑茶・リンゴなどに含まれるポリフェノールの一種。
中でもチョコレートはダントツに多く含まれている
・チョコレートの効果
チョコを食べて血圧が3mmHg下がると心臓麻痺による死亡率や冠動脈疾患の発症率が低下する。
チョコレートを食べている人は、心不全や心筋梗塞の発症リスクが低い。
※イギリスやスウェーデンで発表されている
脳梗塞・くも膜下出血の発症リスクが20%低くなるという調査結果も報告されている

・チョコレートの食べ方
糖分が少ないダークチョコレートは、エピカテキンを多く含んでいるので効果的
ミルクチョコは効果が薄い。チョコレートは脂質が多くやカロリーが高めなので食べ過ぎは良くない。
少しずつ、時間を空けながら食べると血中のエピカテキンの濃度を保てる

3)ウォーキング
ウォーキングはおよそ20分が最適。もし歩いていてふくらはぎが痛んだりしびれたりして少し休むとまた歩けるという人は動脈硬化が進んでいる。

・ウォーキングの仕方
エアロビなどの激しい運動は心拍数を上げて心臓に負担をかけてしまうのでNG。
自転車くらいならOK。自宅でかかとを上げ下げするだけでも血流がよくなり効果がある

■血管を増やす
血管が増えれば、老化した結果にかかる圧力が分散され、負担が和らぐ。
血管を増やすためには血流を良くすることが必要。そのためにはウォーキングが最適である。


■湯けむりスポット 鶴巻温泉 『旅館 元湯陣屋』
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
TEL: 0463-77-1300
アクセス:
車:東名厚木ICより国道246・平塚・伊勢原方面約30分
電車:小田急「鶴巻温泉駅」より徒歩4分

ネットもテレ東