放送バックナンバー

テーマ
知らぬ間に視野が欠ける!?「目のお悩み」解決SP
ゲスト

■木野 花 

■ビッセン宮島弘子
ドイツおよび日本における医学博士号を取得
学会理事長や国際眼科ジャーナルの編集長も務めている。
【略歴】
1981年 慶應義塾大学 医学部卒 
1995年 ~ 2000年 東京歯科大学 市川総合病院 眼科講師 
2000年 ~ 2002年 東京歯科大学 水道橋病院 眼科助教授 
2003年 ~ 現在  東京歯科大学 水道橋病院 眼科教授 
【著書】
・LASIK(レーシック)
・矯正手術で近視を治す
・多焦点眼内レンズ


■専門家・・・のかた あきこ
旅ジャーナリスト、フリーライター&編集者、まちづくり人案内人
温泉ソムリエ(温泉ソムリエマスター、温泉ソムリエアンバサダー)、温泉観光士、 厚生労働大臣認定「温泉入浴指導員」、日本温泉地域学会会員
【定期連載】
・月刊旅行読売『守る!~ふるさとに教える、教わる~まちづくり人編』
・月刊一個人『ニッポンリゾート運営の法則~星野リゾート星野佳路社長・聞き書き~』
・月刊ソトコト『温泉日和』
・日野自動車月刊広報誌『全国 のかたあきこの行ってきBUS』
『クチコミで話題の全国SAPAへ行ってきました』等

放送内容

■緑内障 
日本人の失明原因第一位
目の中にかかる眼圧が高くなり神経系が圧縮され、傷ついてしまうことで引き起こされる。
発症すると徐々に視野が欠けていく。
眼圧が上がってしまう原因は明らかになっておらず、治療が遅れると失明に至ることもある。
40歳以上の発症が多い。


■緑内障チェック方法
(1)A4の紙の中心に印をつける
(2)中心からバラバラの距離に4か所記号を書く
(3)30cm離れた位置で紙を回してもらう(自分でもOK)
※片目を手で押さえて、自分の鼻を見る
→緑内障の人は内側の視野が欠けやすいため、見えない人は注意が必要。

 

■緑内障の進行を止める
ある程度の段階で発見できれば点眼薬で進行を止めることができるが、
この点眼薬も使い続けていると次第に効果が薄くなってきてしまう。


■チューブシャント手術
眼圧を上げる水の抜け道を作る為に人工のバルブやチューブを目のそばに埋め込む。
これにより出ていく水の量を一定化し眼圧を安定させる。
去年の4月から保険適用。


■黄斑変性症
加齢によって、網膜の黄斑部という場所に障害がおこり、物が歪んで見えたり視力が低下したりする。


■黄斑変性症チェック方法(アムスラチャート) 
紙に格子模様を描き、片目を閉じて目から30cm離して見る
→格子が歪んで見えたり、中心付近が黒ずんで見える人は「黄斑変性症」の疑いあり
※カレンダーなどでも可能


■黄斑変性症の治療法
早い段階で発見できれば、薬やレーザー治療で治すことが可能。
※加齢の他に、タバコや食生活なども原因の一つなので、生活改善も重要。


■OCT検査
赤外線の反射光を測定することによって、目の内部の状態を3次元で解析できる。


■白内障
水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気。 
早い人で40歳くらいから発症。


■白内障の治療法
手術(レーザーや超音波を使って水晶体を砕き、代わりに人工レンズを入れる)

 

■白内障セルフチェック
・屋内から外に出ると光がまぶしく感じるようになった
・色の鮮やかさを以前よりも感じにくくなった
・暗い場所でも物が見えづらくなった
・眼鏡をかけているのにピントが合いづらい
・長時間の読書がつらくなってきた


■おでかけスポット
『日本科学未来館』
営業時間: 10:00~17:00
料金: おとな620円 18歳以下210円
休館日: 火曜日、12月28日~1月1日
アクセス: 「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
【お問い合わせ】
〒135-0064 東京都江東区 青海2-3-6
電話番号:03-3570-9151



ネットもテレ東