放送バックナンバー

テーマ
春に急増!「肺」の生活習慣病
ゲスト

■肥後克広 

■専門家・・・木田 厚瑞 (日本医科大学 特任教授、日本医科大学呼吸ケアクリニック 所長)
<著書> 
肺の話(岩波新書)
息切れを克服しよう:患者さんのための包括的呼吸リハビリテーション(メディカルレビュー社)
肺の生活習慣病(COPD)(中央公論新社)

放送内容

■PM2.5
肺を徐々に蝕み、生活習慣病を引き起こす。
病気に気付かない人が95%というデータもあり注意が必要。
干した洗濯物にも付くため、舞ってしまうが叩いて落としたほうがいい。
帰宅後は、うがい、手洗い、顔洗いをするのが良い。


■PM2.5の環境基準
レベルⅠ:70μg(マイクログラム)/…健康な人でも呼吸障害が出る。
レベルⅡ:35μg/…高齢者や呼吸器等に慢性の病気がある人は何らかの症状が出る。
※日本ではレベルIIを超える恐れがある場合、都道府県が注意喚起する。


■PM2.5の症状
のどのイガイガ、咳、アレルギー症状、目の炎症など。


■COPD
長い年月をかけて進行するもので痛みなどの症状がないため、見逃しやすい。
死亡率は世界4位で、日本は9位だが、肺炎や肺がんで亡くなることが多いため実際はもっと多い。
中国では大気汚染がひどくなったことでCOPDの死亡者数が増える。


■タバコ
PM2.5は含まれており、受動喫煙も原因となりうる。
特に40歳以上の喫煙経験者は、今はやめていても昔吸っていた人は検診が必要。


■COPDのサイン
動いた後の「息切れ」
負荷をかけた時の酸素飽和度が重要息切れを年のせいにして気付きにくい。
肺だけの問題ではなく、「肺の生活習慣病」と呼ばれる所は、全身の病気を招く事からきている。
肺をきっかけに「動脈硬化」や「脳梗塞」「認知症」「骨粗鬆症」と、全身に広がっていく。
糖尿病、胃かいよう、不眠症、うつ病の危険性もある。


■息切れの指針
軽症…坂道や階段を上る際や早歩きで息切れがあるが苦痛ではない。
中等症…平地歩行で同世代と並んで歩くと自分だけ遅れる
重症…着替え、洗面などの日常動作でも息切れがする。
※「軽症」にでも当てはまれば病院へ行ったほうが良い。


■増悪
一時的に急激に悪くなる事。
軽症でも、大気汚染などで増悪が起こるとの入院が必要になる。
半数は集中治療室行き。
温かくなってきた今の時期の気候や風邪も増悪を招く
48時間以内に治療しないと命に関わる。


■COPDの治療や予防法
患者90%は軽症~中等症。
治療すればコントロール・予防ができる。
薬や酸素療法で呼吸を改善し、快適な生活を送る事が治療の目的。


■COPDの医療現状
診断が遅れている。
専門医が少ない。
診断された症状は10%以下で未診断が多い。

 

■COPDを進行させないための生活指導
<禁煙>
予防接種・・・インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなど
栄養指導・・・太りすぎ、痩せ過ぎは息切れを強くする。同じ生活習慣病である
糖尿病を併発する人が多い。
上肢の運動・・・を鍛えると息切れしにくくなる

〈空中壁押し〉
(1)イスに座って両手を真横に伸ばし、
手のひらで壁を押すイメージ
(2)目の前に壁があると思って、
手を前に伸ばして壁を押す
(3)それぞれ10回が目標
※軽・中等症の人で心臓が悪くない人は、スポーツジムでの筋トレがオススメ。


■口すぼめ呼吸法
呼気に際して口をすぼめ、ゆっくり息を吐き出す呼吸法。
階段や坂の時でも、自然に出るくらい習慣づける。
COPDではない、息切れする人にも効果があります。
<効果>
呼気をゆっくりしやすくなるので、呼吸数の減少、分時換気量の減少、1回換気量の増加、」酸素当量の減少、血液ガスの改善などが期待できる。

すぼめ呼吸の機序と目的
・ 気道内圧を上昇させる
・ 気道閉塞を防止する
・ 一回換気量を増加する
・ 呼吸数,分時換気量を減少させることにより、気道の虚脱を起こしにくくする

☆やり方
(1)口を閉じ、鼻から息を吸う
(2)おなかに手を当て、膨らむのを確認する
(3)口をすぼめ、ゆっくり息を吐く
※おなかをへこませながら、最後まで息を吐ききる

☆注意点
1. 呼吸音が聞こえるほど口すぼめで抵抗をかけない。
2.腹部周囲筋の過度の緊張をとる。
3.最初から極端にゆっくりと呼吸させたり,極端に長い呼気をさせたりしない。
4.呼吸数は20/分以下で行う。
5.練習は時間より回数を多くする 。

■おでかけスポット
~大和サンプル製作所~
営業時間:9時00分 ~ 17時00分
休業日:水曜日、木曜日
アクセス:東武東上線 「北池袋駅」から徒歩5分、JR埼京「板橋駅」から徒歩8分
【お問い合わせ】
〒170-0012 東京都豊島区上池袋4-25-12
大和サンプル製作所
電話番号:03-5980-8099
(体験のご予約はお電話では承っておりません。食品サンプル体験お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい)


ネットもテレ東