放送バックナンバー

テーマ
体の不調に隠れた原因!女性が集まる心療内科
ゲスト

松居 直美

専門家:髙橋 理恵子
みなとメンタルクリニック院長・精神科医。
昭和56年国立三重大学医学部卒業。同大医学部付属病院勤務、
三重県立高茶屋病院(現、三重県立こころの医療センター)、横浜舞岡病院などに勤務。
著書『こころの気がかり相談室』
みなとメンタルクリニック
住所:神奈川県横浜市中区相生町6丁目109 志村ビル 1F
電話番号:045-663-5925

放送内容

■心の病気
女性の方が妊娠・出産・育児・引っ越しなどのライフイベントが多く
ホルモンも崩しやすいので、心の病気になりやすい。
心の病気といっても、悩みのストレスから脳や神経に異常が起き
機能不全が起こっているだけなので、直すことができる。


■心療内科・精神科違い
精神科→心に原因がある心の病気
心療内科→心に原因がある身体の病気
ストレスで疲れやすい・眠れない・耳が聞こえなくなるなどを診る。


■子ども依存症
子どもに依存して干渉しすぎる状態
病気だと気付かない場合も多いが、放っておくと体にも異常が現れてくる。

【症状】
・頭に心配事が駆け巡り眠れない。
・物事が手につかない。
・外面はいいが疲労感に襲われる。
子どもの自立を阻む親に多い
子どものことばかりを考えていて、そのストレスに耐えきれなくなって
脳が機能不全に陥った状態になる。

【治療法】
睡眠
・質の良い睡眠をとれば脳が安定してくる。脳が安定すれば
自律神経が整い、身体症状も治まる
・眠るための薬の処方で、復帰まで3ヶ月-半年程度
その他
・子ども以外にも興味・関心が持てるように促す
・子どもの心配が100%から50%に下がればOK。


■合わせて起きやすい病気
空の巣症候群
・うつ病の一種を発症する人も多い
・心にぽっかり穴が空いたようになり、白い壁をずっと眺めている事から
「白壁症候群」と言われる。


■強迫性障害
不合理と分かっていてそれがおさえらきれず無意味な行動や考えを繰り返してしまう症状
元々の性格もあるが、自分の性格を否定されたと思い症状が
出てきてしまう場合がある。

脳と神経のストレス
→頭痛・耳鳴りなどの自律神経失調症を行う場合もある。


■強迫性障害チェック
◎鍵をかけたか気になって何度も確認する
◎自分が病気なのではないかと常に不安
◎大切なものを捨ててしまうのではないかと溜め込んでしまう
【治療法】
・薬の処方
・好きなことに気持ちを持っていく


■治療をほっておくと起こる症状
◎風邪をひきやすい ◎高血圧 
◎肥満 ◎胃潰瘍 ◎頻尿
◎貧乏ゆすり、まばたきが多い、抜け毛


■パニック障害
女性に多い
激しい動機・呼吸困難がおこり、このまま気を失ってしまうんじゃないか
という発作が急に起こり日常生活に支障をきたす。
10分から1時間くらいで治まる

【症状】
◎激しい動悸
◎息切れ、過呼吸、窒息感
◎めまい、ふらつき

【症状が起きるとき】
◎電車の車内 ◎街の人混み
◎会議室 ◎自動車の右折


■治療法
深呼吸や飴を舐める、お気に入りの音楽を聞く
長引くとうつ病になる危険もあるので治療が必要。


■更年期障害
50歳前後の女性に突然襲う
経に伴い、女性ホルモンが急激に減少し、
頭痛や関節痛、ほてりや冷えなど、様々な症状が出てくる


■仮面うつ病
本来の精神症状が目立たず
頭痛・肩こり等の身体症状だけが前面に出てくるうつ病
専門家でないと判断しにくい
更年期障害のような症状が婦人科で解決しない場合には、
心療内科を受診するとよい

 

【達人の技】
■節約の達人・・・和田由貴(節約アドバイザー)
【保有資格】
消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
環境カウンセラー
家庭の省エネエキスパート
食生活アドバイザー
家電製品アドバイザー

【お風呂の節約知識】
・お風呂はフタをしても2時間で約1.5度、湯温が下がる
追い焚きを1回するのに約4.7円、
年間約1720円かかります。
保温シートとお風呂のフタを併用を使うことです役につながる


ネットもテレ東