放送バックナンバー

テーマ
プロが教える新常識!靴選び&足のお悩み解消法
ゲスト

真琴 つばさ

専門家
飯島 淳(ウォーキングフォーエバー昭島店店長)
ウォーキングフォーエバー昭島店
住所:東京都昭島市田中町610-4 モリパークアウトドアヴィレッジ内
電話番号:042-519-7527
営業時間 : 平日11:00?20:00 土日祝10:00?20:00
定休日:水曜日
靴の問合せ
ムーンスター カスタマーセンター
電話番号:0800-800-1792(フリーアクセス)

町田 英一(高田馬場病院整形外科・医学博士)
高田馬場病院整形外科
住所:東京都豊島区高田3-8-9
電話番号:03-3971-5114/03-3971-5115
アクセス:JR線/西武新宿線/地下鉄東西線「高田馬場駅」徒歩3分


放送内容

■足の測定方法
・足裏測定器
コピー機を改造して作った足裏測定器
荷重バランスや足の状態をチェックするため
裸足でまっすぐに立った状態で足裏のコピーを撮影する

・足のサイズと幅を計測(足長さ=縦の長さ)
日本人の7割以上の人が左右でサイズが異なるため、両足測定する。
左右差が5mm未満の人は、大木法に合わせて選ぶ
左右差が5mm以上の人は、調整シートを利用し調整。

・足囲
足に圧力をかけた状態で計測
足囲を知っておけば自分に合う靴が選びやすい


■足囲の表記
お店では、4E、2Eという表記で足囲を確認できる
サイズが合っていても足囲が合っていない事も多いので、
必ず足囲は測るように
足囲の測定を行いない場合
靴が合わないことで、外反母趾が進行したり・ヒザ・股関節まで悪くするので注意。


■自分にあった靴選び方
足長・足囲があった靴を選ぶ
(1)座った状態で靴を履きかかとをトントン
(2)つま先を上げたまま靴ひもを結ぶ 
※靴ひもは、痛くなる一歩手前でしめる
(3)足の指を動かす
※全体はフィットしていて指だけが動かせる状態。
指が動かせないと疲れる原因に、動かせない場合はワンサイズ大きいものを
(4)足の形が一定でないので、ためし履きし10分歩き回る
かかとが上に抜けないか・前後に振れないかを確認する。


■サンダルの選び方
(1)かかとがあるもの
(2)かかとの面が水平。ヒールが高くても、前滑りしにくいので疲れにくい
(3)アジャスト機能があればベスト
※必ず履いたらかかとに合わせてかかとをトントンする。必ずためし履きをする


■足裏の角質
足に合わない靴を履くことが一番の原因
変な場所に圧力が集中してしまうため、かたくなってします。
できた場合は薬でとることしかできない


■医療用インソール
人それぞれの足の形に合わせて整形外科で作る中敷き。これを使うことで、角質を防げる
外反母趾の原因である、足の形崩れを抑え、靴にあたる痛みもなくなる


■巻爪対策 【マチクリップ】
中程度~軽い巻爪を矯正する
使い方
(1)爪を2mm程度残して横にますぐ切る
(2)巻いている外側寄りにクリップを付ける
(3)上から絆創膏を貼る

爪のサイズに合わせて18種類から選ぶ

【発明の達人技】
■発明の達人
婦人発明家協会・副会長 岡野 戸仁子
味噌取りマッシャー 840円
【使い方】
・味噌に差し込みくるっと回すと味噌が取れる
隅に残ったのもきれいにとれる
・卵の黄身だけも取り出せる
・泡だて器としても利用できる
※約7000個売り上げた大ヒット商品

問い合わせ:下村工業KK
電話番号:0256-38-3311

ネットもテレ東