放送バックナンバー

テーマ
油断大敵!夏カビの予防と撃退法!
ゲスト

藤本 美貴

専門家: 相良博典(さがら ひろのり)
昭和大学 医学部 内科学講座  呼吸器・アレルギー内科学部門

VTR出演:東海林建三(しょうじ けんぞう)
花王株式会社 ファブリック&ホームケア事業ユニット
ホームケア事業グループ 

放送内容

○ 8月は特にカビが多い調査がある
(食品分析開発センター カビ苦情・事故発生件数の月別変化)


○ カビが生える三大条件は「温度・湿度・汚れ(カビのエサ)」
特に汚れを落とす事がカビ対策の大きなポイント


○ お風呂場は水垢や石鹸カス、シャンプーの後といったカビのエサが豊富で
湿度、温度とカビが生える3大条件が満たされており繁殖しやすい場所


○ 6月-9月にかけて発生する「トリコスポロン」
症状は夏風邪と似ているが咳が2週間以上続く場合は
「夏型過敏性肺炎」の疑いがある。
「夏型過敏性肺炎」とはトリコスポロンを吸いこむとアレルギー反応を起こす
アレルギー性肺炎。トリコスポロンのいない場所に行くと症状が消えるのも特徴
しかし、これを放っておくと肺が固くなるなど症状が進行し
最悪死に至るケースもあるという


○ シンクのカビの原因は水垢汚れ
水垢に油などが付着し、それをエサにカビが増殖する


○リビングの中で一番カビが多いのはどこ?
・カーペット ・壁 ・カーテンレール
正解は壁(花王調べ)
→ホコリの中にカビの胞子が住み着いていて
これらが壁に付着し、そこからカビが増殖していく
壁はあまり掃除しないのでカビ菌が多かった


○カビ対策常識クイズ
1、エアコンを切るときにある事をすればカビが発生しにくい、それはなに?
→エアコンを切る前に送風機能を15分-20分

2、掃除をするとき、掃除機が先?雑巾がけが先?
→雑巾がけ
掃除機を先にかけるとカビが部屋中に撒き散らしてしまうから

ネットもテレ東