放送バックナンバー

テーマ

街で聞いた!あまってしまうおせちランキング 簡単アレンジ料理

ゲスト

渡辺満里奈


料理専門家:林幸子

放送内容

◆夜食にぴったり!なんちゃってソーキそば

材料(1人分)

昆布巻き……………………3個
紅白かまぼこ………………2切れ
豚肩ロース薄切り……………50g
うどん(ゆで)…………………1玉
紅しょうが……………………適量
青ネギ………………………適量

<作り方>
1)温めた鍋にサラダ油(分量外)をひき、豚肉を炒める。豚肉の赤味が若干残る程度まで
火が入ったらいったん取り出す。
2)同じ鍋にお湯を入れ、かつお節を加えたら火を止める。そのまま1分待ち、かつお節を
 取り出し出汁を取る。
3)鍋に昆布巻きを入れ弱火にかけ2~3分煮る。昆布巻きがふやけて大きくなったら
 塩を少々加え、炒めた豚肉を加える。
4)うどんを耐熱仕様の器に入れ、電子レンジ(600Wで1分30秒)で温める。
5)温めたうどんにつゆをかけて麺を軽くほぐし、昆布巻き・豚肉・紅白かまぼこ・紅しょうが・
青ネギを添えたら完成。


<ポイント>
うどんが乾麺の場合は、別の鍋でゆでてからツユに入れる。



◆酢を活かして大変身!なますと鯛のちらし寿司

材料(1人分)

紅白なます………………30g
ご飯………………………1/2合
鯛の刺身…………………5切れ
炒り卵……………………1個
大葉………………………3枚
なますのつけだれ…………大さじ4・1/2
(酢〆用)…………………(大さじ3)
(酢飯用)…………………(大さじ1・1/2少々)


<作り方>
1)紅白なますは粗いみじん切りにし、鯛(柵の場合)はそぎ切りにする。
2)鯛をバットに並べて塩(分量外)を振りキッチンペーパーで軽く押さえて水分をとり、
 なますのつけだれをふりかけそのまま10分~15分置く。
3)卵を溶き、塩(分量外)少々を加え、炒り卵を作る。
4)ご飯をボウルに入れ、なますのつけだれ、塩を加え混ぜあわせ、刻んだなますも加
更に混ぜ合わせる。
5)器に大葉を敷き、酢飯をよそう。中央に炒り卵を盛ってからその周りに〆た鯛を並べたら完成。


<ポイント>
ご飯に塩を入れる前に味見を!そのままでも美味しいけれど、酢飯が甘めであれば塩を追加してもOK!
鯛の酢〆時間は他の材料を用意している間でOK。30分以上漬けると白くなりすぎてしまうので注意。



◆なますと鯛の手綱寿司

材料(2人分)

紅白なます……………………80g
鯛の刺身………………………5切れ
ご飯……………………………150g
大葉……………………………4枚
なますの漬けだれ………………大さじ4・1/2
(酢〆用)………………………(大さじ3)
(酢飯用)………………………(大さじ1・1/2)
塩………………………………少々

<作り方>
1)紅白なますは粗いみじん切りにし、鯛(柵の場合)はそぎ切りにする。
2)ご飯をボウルに入れ、なますのつけだれ、塩を加え混ぜあわせ、刻んだなますも加え
 更に混ぜ合わせる。
3)鯛をバットに並べて塩(分量外)を振りキッチンペーパーで軽く押さえて水分をとり、
なますの漬けダレをふりかけそのまま10分~15分置く。
4)広げたラップに鯛・塩をふった大葉を交互にのせ、上に酢飯をのせる。
5)全体をラップで棒状に巻き、両端からひねるように形づけ、切り分けたら完成。


<ポイント>
ご飯に塩を入れる前に味見を!そのままでも美味しいけれど、酢飯が甘めであれば塩を追加してもOK!
鯛の酢〆時間は他の材料を用意している間でOK。30分以上漬けると白くなりすぎてしまうので注意。



◆お父さんのおつまみ!伊達巻の蒲焼風

材料(1人分)

伊達巻………………………2切れ
すき焼きのたれ………………大さじ1
醤油…………………………小さじ1/2
山椒…………………………適宜

<作り方>
1)伊達巻を串に刺し、温めたフライパンにサラダ油(分量外)を薄く引いて両面を焼きつける。
2)すき焼きのたれ・醤油を混ぜ合わせ、フライパンの伊達巻に振り掛ける。フライパンを
 揺すりながらたれを両面に絡ませる。
3)器に盛りつけ、お好みで山椒をかけたら完成。


<ポイント>
茹でた春菊を伊達巻と一緒にたれに絡ませ、伊達巻と一緒にご飯に盛れば夜食向け蒲焼丼にも!



◆お母さんの一人ランチにピッタリ!和風黒豆サンド

材料(1人分)

黒豆…………………………30g
卵……………………………2個
食パン………………………2枚
生クリーム…………………大さじ2
バター………………………10g
塩……………………………少々
胡椒…………………………少々

<辛子バター>
練りがらし………………5g
バター……………………20g

<作り方>
1)卵は白身を切るようにしっかりと解きほぐし、塩・胡椒で味を調え、生クリームと黒豆を加え
混ぜ合わせる。
2)中火でバターを溶かした玉子焼き用のフライパンに黒豆を混ぜた卵を流し込み軽くかき混ぜる。
半熟になったら弱火にし、半分に折る。
3)常温のバターと練りからしを混ぜ合わせて辛子バターを作り、食パンに片面ずつたっぷり塗り、
玉子焼きを挟んでサンドする。
4)耳を切り落とし、食べやすいサイズに切ったら完成。


<ポイント>
黒豆の甘さを生かすため、玉子焼には塩・胡椒でしっかりめに味付けする。
耳を落とす前にバットなどの平らなもので上から押さえつけると、具材がしっかりサンドされて
崩れにくくなる。



◆黒豆クリームチーズ

材料(2人分)

黒豆………………30g〜40g
クリームチーズ……50g
クラッカー…………4枚

<作り方>
1)軟らかくしたクリームチーズに黒豆を加えて混ぜ、クラッカーにのせたら完成。



◆もちと鶏肉のゴマ煮

材料(2人分)

餅……………………2個
鶏もも肉……………150g
小松菜(ゆで)………2株
かつお節……………一掴み
水……………………2カップ
醤油…………………大さじ2
みりん………………大さじ1
白すりゴマ……………20g

<作り方>
1)鶏肉は大きめの一口サイズに切り、餅は2等分に切る。小松菜は茹でて水気をきり、
5cm程度に切っておく。
2)油を引かずに鶏肉を焼き、フライ返しで押さえつけて出てきた脂をキッチンペーパーでしっかり拭き取る。
3)鶏肉にかつお出汁、醤油、みりんで味付けし煮立たせる。軽く煮詰まったら餅を加える。
4)餅がとろりと柔らかくなったらすりゴマを加える。つゆにとろみがついたら、小松菜を入れ
軽く温めてから器に盛り付けたら完成。


<ポイント>
すりゴマを加えてもとろみが足りなければ、水溶き片栗粉を加えてもOK!



◆田作りの南蛮漬け

材料(2人分)

田作り………………40g
数の子………………30g
玉ねぎ………………1/4個
鷹の爪………………1本
酢……………………大さじ4
砂糖…………………大さじ2
醤油…………………大さじ1
青のり………………適宜

<作り方>
1)数の子は削ぎ切りにし、玉ねぎはスライスしておく。
2)酢・砂糖・醤油を混ぜて甘酢を作る。
3)ボウルに田作り・玉ねぎ・数の子・鷹の爪を入れ、甘酢を合わせたら約15分ねかせる。
4)具材がしんなりしたら器に盛り、青のりを散らして完成。




ネットもテレ東