STORY|ストーリー

犯人逮捕!それで終わり?

刑事ドラマの金字塔「LAW&ORDER」!
最大の魅力は究極の一話完結にある。
毎回起きる凶悪な犯罪に警察が必死の体当たり捜査。
犯人を何とか逮捕。しかしそれだけでは終わらない。
判決までを描く。これこそが本当の一件落着だ。

現実のアメリカ

初めて見た人はきっと驚く。
取調室は地味だし、モデルのような体型をした美人刑事は出てこない。それが現実社会だからだ。
本作は現実のアメリカ、実物大のNYを描いている。こだわったのは徹底的なNYロケ。
CG合成を極力排し、NYの街で実際に撮影している。

主人公は脚本だ

“ハリウッドの殿堂”入りしたディック・ウルフの言葉だ。
この作品から一躍スターに上り詰めた俳優・女優は数知れない。
海外ドラマのキャスティング・ディレクターがみなこの番組を見ていたからだ。しかし、重厚な出演者たちは目立たない。
脚本・事件そのものが主人公だからだ。
「目指したのは娯楽番組とは対極にあるドキュメンタリーだ」。
テンポ良く整理された脚本は緻密で、すべてのシーンに説得力がある。