バックナンバー

  • 2018年6月29日:㊙スポット徹底取材!ニッポンは夜作られる?SP

(ゲスト)
髙田延彦、飯尾和樹(ずん)、生駒里奈(※順不同)

現代日本人の身近に起きる様々な社会現象をテーマに、“今”を捉える知的エンターテインメント番組。アカデミックな論文から商店街の声まで幅広く取り上げ展開します!
▼「ディープな街」赤羽~池袋で夜さんぽ…立ち飲みから夜の水族館まで
▼24時間名古屋めし!深夜の名店で繰り広げられる人間模様
▼銀座なのに?ミスマッチな場所を夜さんぽ…地下の工事現場へ!?
▼24時間お宅へ出張!リサイクルショップの買取現場に密着
▼通天閣のお膝元!「新世界」そばの別世界


<「ディープな街」赤羽~池袋で“夜さんぽ”>

MCの国分太一とゲストの生駒里奈が、東京北部有数の繁華街・赤羽へ。夜はめったに出歩かないという生駒が、超人気のおでん店で立ち飲みに初挑戦。さらに、トイガンのお店で試し撃ちも!続いて池袋に移動し、夜の「サンシャイン水族館」へ。普段は見ることのできない、閉館作業に密着。そこには、夜の水族館ならではの珍しい光景が…。

<24時間名古屋めし!深夜の名店「かかし」>

愛知県名古屋市の北部にある、レトロな雰囲気が魅力の喫茶レストラン「かかし」。なんとこの店は約40年間、24時間営業を続けているという。味噌カツや鉄板ナポリタンなど、134種類ものメニューがあり、本格的な名古屋めしが深夜も食べられると人気を集めている。深夜の店には、どのような客が訪れるのか密着した!

<銀座なのに?ミスマッチな場所を“夜さんぽ”>

飯尾和樹(ずん)が夜の銀座で、意外な店やスポットを探訪。ドラム缶の並ぶ激安立ち飲み居酒屋から、有名ミステリー雑誌公認のパワーグッズ専門店、名物グルメを誇る老舗の喫茶スナック、銀座唯一のショーレストランなどが登場する。さらに、終電後の東京メトロ銀座駅に潜入。ここは今、リニューアル工事の真っ最中。終電後に工事を開始し、始発までに原状復帰を済ませなければならないため、実質的な作業時間は1時間程度だという。特別に歩かせてくれるというので銀座線の線路に降りた飯尾は大興奮!その先にあったのは…。

<24時間お宅へ出張!リサイクルショップの“買取現場”に密着>

さいたま市にあるリサイクルショップのウリは、24時間、買取のため客の自宅まで出張すること。一体、深夜にはどのような依頼があるのか?どんなモノに、いくらの値段が付くのか?それぞれの事情から、眠らないニッポン人の生態が見えてくる…。

<通天閣のお膝元!「新世界」そばの別世界>

大阪のシンボル・通天閣。そのお膝元に広がる歓楽街「新世界」の一角「新世界市場」は、昔ながらのアーケード街だが、現在では七割以上の店舗が閉店してしまっている。しかし、日曜日になると一風変わった人々が集まる、通称「Wマーケット」なる市場が立つ。この「Wマーケット」、とにかく置かれている“商品”や“購入方法”まで全てがユニークだった!

ページTOPへ