バックナンバー

  • 2018年10月26日:食欲の秋・密着!秋の味覚の舞台ウラ

(ゲスト)
木下隆行(TKO)、高橋真麻(※順不同)

「秋の味覚の舞台ウラ」をテーマに送る。
▼標的は天然食材!クレイジーなハンター
▼スタジオに登場!?希少な「黒いダイヤ」
▼イクラと鮭の黄金タッグ!秋の宝石箱「はらこ飯」
▼1万人分を煮る!山形県「日本一の芋煮会」に密着


<標的は天然モノ!“クレイジーな食材ハンター”>

希少な天然の国産食材を獲る専門家、「天然食材ハンター」に注目。天然のウナギやスッポンといった希少な国産食材は、今や限られた名店にのみ送られ食通たちをうならせている。神奈川県に住む「天然食材ハンター」は、元プロの料理人。魚介だけでなく山では山菜、さらには“黒いダイヤ”と呼ばれるあの高級食材を日々追いかけている。その驚きの仕事風景に密着した!

<イクラと鮭の黄金タッグ!“秋の宝石箱”>

宮城県の絶品グルメ「はらこ飯」。脂がたっぷりの秋鮭とイクラが新米のご飯に乗った、元々は宮城県の家庭料理。今や駅弁にもなり、人気店には客が殺到するほど。今回、絶品のはらこ飯を作る、人気レストランの料理人に密着。仕入れから調理のプロセスに至るまで、磨き抜かれたプロの技を見せてもらう。

<1万人分を煮る!“世界一の屋外フェス”>

山形の秋の味覚といえば、里芋を使った郷土料理の「芋煮」。山形市では「日本一の芋煮会」が毎年開催されている。延べ5万人が参加するというこのイベントは、地元の学校から各企業、消防署まで、地域一丸となって催される。その舞台裏に、一週間完全密着。大量の芋煮はどのようにして作られてるのか?ねぎ1トン、里芋は3トンと、とにかく大量の材料を調達し、煮込むのはなんと直径6.5メートルもの大鍋。重機までが動員される、圧巻の調理風景が…。

ページTOPへ