バックナンバー

  • 2019年4月12日:眠らないニッポン!誰が来るのか?24時間営業の店

(ゲスト)
小柳ルミ子、陣内智則(※順不同)

意外な24時間営業のスポットと、訪れる人々の様々な事情に迫る。
▼新宿で大行列!郵便局で夜間に投函&受け取るワケ
▼激安な24時間!こんな時間に買い出しするワケ…宇都宮の巨大ディスカウントストアに密着
▼まさかの24時間営業の理容室!真夜中に切りたい、染めたい、かけたいワケとは?
▼今ならブラック!?昭和のアイドルは超多忙


<新宿で大行列!夜間に“投函&受け取る”ワケ>

東京・新宿にある新宿郵便局は、なんと24時間営業。一日に約2000人もの来客があるという。いったいどんな客が、どんな事情でここを訪れるのか?密着取材を敢行した。窓口が最も混み合うのは、仕事帰りの時間帯である夜の6時~8時の間。夜9時を過ぎると1Fの夜間窓口のみの受付となるが、その後も来客が絶えることはない。荷物の受け取りに訪れた人に中身を見せてもらうと、意外なモノが続々登場することに…!
また、日付が変わるギリギリのタイミングで駆けつける人々がいた…その理由とは?

<激安な24時間!こんな時間に“買い出し”するワケ>

巨大ディスカウントストア「スーパーセンター トライアル」は、食料品から家電、生活雑貨まで5万点以上の品物が揃う激安店。全国で200店舗以上を展開するが、その人気の秘密が24時間営業。店舗のほとんどが郊外にあるというが、夜から早朝まで、どのような客が訪れるのか?
栃木県宇都宮市にある、東日本最大級の店舗に密着。深夜に店を訪れる客に声をかけると、そこには興味深い様々な「いま必要」な事情が…。

<まさか24時間!真夜中に“切りたい、染めたい、かけたい”ワケ>

埼玉県本庄市にある、24時間営業の理容室「モアステージ」を取材。5年前から24時間営業を始め、好評を得ているという。深夜はご主人ひとりで担当し、予約があれば何時でも対応する。夜に訪れるのは、どのような客なのか?子育て中の主婦から、髪型にこだわりを持ち頻繁に来店する客など、深夜の理容室に密着。
また、なぜ24時間営業を続けているのか?その理由を聞くと…。

ページTOPへ