バックナンバー

  • 2019年5月17日:今が旬!知られざる春のグルメ

(ゲスト)
梅沢富美男、市川紗椰(※順不同)

今が旬の、知られざる春の美味を特集する。
▼野人と呼ばれる天然食材ハンター!春の旬・幻のキノコ&山菜を採る!
▼ひとかけらでご飯一膳!138年変わらぬ穴子の佃煮
▼春が旬!チーズ工房ハイジの暮らし…絶品のヤギのフロマージュ
▼人に媚びない!食へのこだわり一刀両断


<天然食材ハンター!春の旬を採る>

おなじみ、天然食材ハンターに密着。飲食店からの依頼を受け、希少な天然食材を獲るハンターの春の狙いとは、一体何なのか?それは、春だからこそ採れる、海外で人気の高級キノコと、幻の山菜。神奈川県の山中に分け入ったハンターだが、果たして見つけられるのか?

<ひとかけらでご飯一膳!138年変わらぬ佃煮>

これから脂が乗り旬を迎えるアナゴ。東京湾で獲れるアナゴは身が柔らかく、口の中でとろけるふんわり食感が魅力。明治14年の創業の老舗「小松屋」では、この江戸前のアナゴを佃煮にして、ひと切れでご飯一膳が食べられると評判を呼んでいる。アナゴの佃煮は現在では大変珍しく「奇跡の佃煮」と称されるほど。どのようにして作られるのか?厨房に完全密着した。

<春が旬!チーズ工房ハイジの暮らし>

2~3月に出産期を迎えるヤギ。そのため、春から初夏にかけてがヤギのチーズの旬となる。栃木県にあるチーズ工房「今牧場」のヤギのチーズは、昨年チーズコンテストで優勝。「臭みがなく、自然な甘みがあり、シルキーな舌触り」と審査員に絶賛されたヤギのチーズは、どのように作られるのか?牧場の1日に密着した。

ページTOPへ