バックナンバー

  • 2019年6月21日:老若男女がなぜ登る?山に魅せられたニッポン人

(ゲスト)
三浦豪太(プロスキーヤー・登山家)、市毛良枝(俳優)(※順不同)

今や大ブームの登山。老若男女を惹きつける登山の魅力とは?
▼山頂に渋滞!9000人が集まる安達太良山の山開きに密着
▼個人で山を購入!?一万坪をひとり占め…山の㊙楽しみ方
▼人生が変わる!? 三浦豪太&市毛良枝が山で出会った奇跡の風景
▼登山者数世界一!あなたの知らない高尾山


<“安達太良山”の山開き>

日本百名山の一つ、福島県の安達太良山(標高1700m)の山開きに密着。5月に行われた山開きには、なんと9000人もの登山客が押し寄せた。8合目まで行けるロープウェイがあるため、登山初心者や子供にも登りやすく人気だという。賑わうあまり、山道は登山客で渋滞するほど。地元の観光課は、この山開きイベントのために入念な準備を行っている。事前に登山ルートをチェックして、冬の間に破損した道標の修繕を行い、山開き当日は先着3000名に限定のペナントを配布。さらには山頂でミスコンテストも開催!登山客たちが語る安達太良山、そして登山の魅力に迫る!

<個人で“山を購入”!?一万坪をひとり占め…山の㊙楽しみ方>

個人で「山」を買う人が増えている。20代の会社員夫妻は、アウトドアが好きで「自分たちだけのキャンプ場が欲しい」と、なんと山を丸ごと購入。週末は自分の山で存分にキャンプを楽しんでいる。一体どうしたら個人で山を購入できるのか? 気になる購入価格や維持費はどうなっているのか?全国各地の山を個人で購入できる、山専門の不動産会社「山林バンク」を取材した。

<登山者数世界一!あなたの知らない“高尾山”>

年間300万人以上、世界一登山客が訪れるのが高尾山。都心から近く、ケーブルカーなどを使えばベビーカーを引いても登れるという手軽さもあって、絶大な人気を誇る。そんな高尾山の、知られざるディープな魅力に着目。ひそかな人気の薬王院でのスタンプ集め、山道で見つけられる絶滅危惧種の珍しい植物たち、山道をパトロールする東京都レンジャーたちなど、知られざる高尾山の姿とは…。

ページTOPへ