バックナンバー

  • 2019年7月5日:スマホなしでは生きられない!?

(ゲスト)
岡田圭右(ますだおかだ)、金子恵美(元衆議院議員)(※五十音順)

今や日本人の六割が持つという「スマホ」。日常を豊かにする一方、スマホ依存という問題も…。スマホとどう付き合うべきなのかを探る。
▼スマホ教室大盛況!インスタ専門の講座も!?…シニアがスマホに変えるワケ
▼徹底検証「もしもスマホがなかったら…」スマホ没収、日帰り熱海旅行の行方
▼スマホを遺して死ねますか?「デジタル遺品」をどう整理する?


<大盛況!高齢者が殺到する“スマホ教室”>

今、スマホの操作を教える「スマートフォンの使い方講座」が増えている。参加者は高齢者が中心で、80代の姿も多い。また、SNS全盛のこの時代、インスタグラムを専門に教える授業も登場している。一体どのような授業が行われているのか?また、人々はなぜスマホに変えたいのか?その思いをインタビューすると、意外な本音が…。

<徹底検証「もしもスマホがなかったら…」>

日常生活を豊かにしてくれるスマホ。しかし、もしスマホがなくなるとどうなってしまうのか?デンジャラス・ノッチ夫妻に協力をあおぎ実験を行う。日帰り熱海旅行の計画を立てた夫妻だが、当日スマホを没収。一体どんな時にスマホがないと困るのか?果たして、旅の行方は…?

<すべてがロック!“スマホ遺して”死ねますか!?>

持ち主の死後、スマホに残った故人しか知らない情報が、高額請求などの思わぬトラブルを引き起こすケースがある。大事なデータが入ったスマホやパソコンなどは「デジタル遺品」と呼ばれ、遺族がその整理に苦心することが増えている。デジタル機器のデータ復旧サービスを行う会社を取材すると、今や年間500件ほどのデジタル遺品関連の依頼があるという。その7割ほどが、故人のスマホのパスワード解除。解除の目的とは?また、大事なデータの入ったスマホを遺す時、どうすればいいのか?

ページTOPへ