バックナンバー

  • 2020年1月24日:保存食にハマる日本人

(ゲスト)
古坂大魔王、市川紗椰(※順不同)

今や生活に欠かせない「保存食」について特集する。
▼フリーズドライ最前線!業界最大手「アマノフーズ」の匠が手掛ける最新作
▼こんなものまで!?知られざる缶詰の世界
▼レトルトの女王!驚きの時短と美味しさを実現…アイデア術
▼ちょっと気になることからニッポンが見えてくる!新コーナー「気になる人に聞いてみた」


<フリーズドライ最前線>

お湯をかけるだけで本格的な味が楽しめるフリーズドライ食品。様々な商品が開発され、生産量は年間5億食以上と市場規模も年々拡大している。業界最大手の「アマノフーズ」では、100種類以上のフリーズドライ食品が並ぶ専門店を出店しているほど。アマノフーズの商品は、ほぼすべてが一人の匠により生みだされている。この道40年以上という匠が、最新の試作品を携えてスタジオに登場。果たして、たけしの反応は?

<知られざる缶詰の世界>

保存食の代表格「缶詰」にスポットを当てる。今や玉子焼きやたこ焼きといった、意外なものまでが缶詰となり、日本国内だけで約800種類が製造されている。缶詰にまつわる素朴な疑問を専門家に尋ねるほか、知られざる缶詰の世界を紹介。近年ブームとなっている「サバ缶」にも、新たな進化が加わっていた…!?また、秋田県の知られざる缶詰文化を紹介。なんと、客が持ち込んだものを何でも缶詰にしてくれる工場が点在しているというのだ。現地を取材すると…?

<レトルトの女王!㊙アイデア時短術>

年間500食以上、ほぼ毎食レトルトを食べているという女性を取材。自宅に600個以上のレトルト食品をストックし、アレンジを加えながら楽しんでいる。管理栄養士や食育指導士の資格を持ち、防災食アドバイザーとして全国各地で講演を行っているという女性。保存食に目覚めたのも、防災がきっかけだという。驚きの時短と美味しさを実現した、オススメのアレンジレシピを聞く。

<新コーナー「気になる人に聞いてみた」>

ちょっと気になることからニッポンが見えてくる!たけしの出身地、東京都足立区で街頭インタビューを実施。街行く人に“気になること”を聞くと意外なニッポンが見えてくる。

ページTOPへ