バックナンバー

  • 2020年4月10日:春先が危ない!最新防犯対策教えます

(ゲスト)
武井壮、藤田ニコル、折元洋巳(防犯アドバイザー)(※順不同)

様々な犯罪をどのように防いだらよいのか? 最新の防犯事情を特集する。
▼空き巣VS元警官!どうすればドロボーに入られない?
▼最新の犯罪と防犯…SNS、QRコード決済、フリーwifiには落とし穴がある!?
▼泥棒もお手上げ!? 「あるモノ」がない、究極の防犯住宅


<空き巣VS元警官 どうすればドロボーに入られない?>

全国で1日に600件以上発生しているのが空き巣被害。全国防犯啓蒙推進協会の防犯アドバイザ―、折元洋巳氏に対策を聞く。留置場の看守も経験し、犯罪者の心理を熟知するからこそのアドバイスとは?実際に街を歩き、空き巣に狙われやすい家の特徴などを解説。オートロックのマンションでも安心はできないという。また、なんと家に住人がいても被害に遭うケースがあるという。その巧妙な手口とは?有効な泥棒対策も紹介する。

<最新の犯罪と防犯>

インターネット、スマホ、SNSなど新たな便利さが増えた現代。一方で新たな犯罪手口も出現している。なんと、写真に写ったピースサインから指紋が取り出せてしまう!?QRコード決済、フリーwifiには落とし穴がある!?SNSにアップした画像がストーカーを呼び寄せる!?日常生活に潜む数々の危険を紹介。

<究極の防犯住宅>

埼玉県に建つ、とある一軒家は究極の防犯住宅だという。なんと「窓」が細長く、外部から侵入することができない構造になっている。一方で、昼間は照明をつける必要がないほど明るい。住人によると、casa cubeという建売住宅のモデルハウスを訪れて気に入り、建てることにしたという。十分な防犯機能を持ち、一切の無駄を省いたシンプルさが売り。実際に暮らしてみての感想は?

ページTOPへ